連載
» 2017年09月03日 10時00分 公開

ソニエリ初のFOMA「SO902i」はストレート型ボディ(懐かしのケータイ)

ソニー・エリクソン初のFOMA端末「SO902i」は、同社初の300万画素を超えるカメラの搭載、Symbian OSの採用、FOMA 90xiシリーズ初のストレートボディー採用など、“初モノづくし”のケータイでした。

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ドコモのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)製ケータイ「FOMA SO902i」です。

「SO902i」(正面)
「SO902i」(背面) 「FOMA SO902i」

 SO902iは、ソニー・エリクソン(以下「ソニエリ」)が初めて投入したFOMA端末であり、FOMA 90xiシリーズ初のストレートボディーを持つ端末でもありました。

 ソニエリファン待望のFOMA端末でしたが、ジョグダイヤルは採用されませんでした。

端子部

 当時ソニエリがムーバで展開していた「preminiシリーズ」のようなコンパクトなストレート端末だったこともあってか、「FOMA STICK」という愛称も付けられました。

 902iシリーズ最軽量の102gのボディーながら、トランシーバーのように専用ボタンを押しながら相手と交互に通話できる「プッシュトーク」や、おサイフケータイの機能を利用して端末を対応リーダー/ライターにかざすだけでクーポンや店舗情報を取得できる「トルカ」など、902iシリーズの最新機能にすべて対応していました。

 テンキー部分が特徴的で、横から見ると波形になっています。これは「ウェーブデザインキー」と呼ばれ、小さなキーながら面積を大きく確保することで「押しやすさ」への安心感と、実際の押しやすさを確保するよう工夫されていました。

キー回り

 カメラには、ソニエリ端末では初めて300万画素超えのCMOSを採用しています。背面も「表」を意識したという「デュアルフロントデザイン」により、背面もまるでデジカメのようなデザインになっています。

 また、ソニエリ端末初となるSymbian OS採用など、初モノづくしのケータイでもありました。

上面
右側面

「SO902i」の主な仕様

  • 発売日:2006年3月21日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
  • サイズ:約46(幅)×109(高さ)×20(奥行き)mm
  • 重量:約102g
  • メインディスプレイ:1.9型(240×320ピクセル)全透過型TFT液晶 26万2144色
  • アウトカメラ:有効約318万画素CMOS
  • インカメラ:有効約11万画素CMOS
  • ボディーカラー:ダークブルー×ブラウン、レッド×レッド、ホワイト×ホワイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう