ニュース
» 2017年09月14日 14時20分 公開

auが「4波キャリアアグリゲーション」に対応 まず「東名阪」「iPhone 8/8 Plus」から

auが保有する4G LTEの「3.5GHz帯」2波とUQコミュニケーションズが保有する「WiMAX 2+」2波を束ねて、下り最大558Mbps(理論値)を実現する。

[井上翔,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラー電話は、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の発売に合わせて「4波キャリアアグリゲーション(4CC CA:Four Component-Carrier Carrier Aggregation)」を導入する。東名阪(関東・中部・関西)地区の一部を皮切りに、順次対応エリアを拡大する。

4CC CAの特設サイト 4CC CAの特設サイト

 今回導入する4CC CAでは、両社が整備する「3.5GHz帯TD-LTE(Band 42)」の2波とUQコミュニケーションズが保有している「WiMAX 2+(TD-LTE Band 41互換)」の2波を束ねて通信することで、下り最大通信速度を558Mbps(理論値)に引き上げ、通信の高速化と安定性の向上を図る。

概要図 4CC CAの概略図。auの3.5GHz帯とUQのWiMAX 2+を束ねて通信する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう