連載
» 2017年09月23日 10時00分 公開

光学3倍ズームレンズ搭載! カメラ機能が光る「Cyber-shotケータイ W61S」(懐かしのケータイ)

ソニーのデジタルカメラブランド「Cyber-shot」の名を冠する「Cyber-shotケータイ WIN W61S」。イメージセンサー「Exmor」と光学3倍ズームレンズを搭載し、当時としては画期的だった顔検出オートフォーカス(AF)に対応するなど、その名に恥じないデジタルカメラケータイでした。

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、auのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現ソニーモバイルコミュニケーションズ)製「Cyber-shotケータイ WIN W61S」です。

「W61S」(閉じた正面)
「W61S」(開いた正面) 「Cyber-shotケータイ WIN W61S」

 W61Sは、ソニーのデジカメブランド「Cyber-shot」を冠し、スライド型のボディにハイスペックなカメラ機能を備えたデジタルカメラケータイです。

 511万画素のCMOSセンサーは、ソニー製の「Exmor(エクスモア)」を採用。auケータイとしては初搭載の、光学3倍のズームレンズと顔検出オートフォーカス(AF)機能のほか、手ブレ補正、カメラのオン/オフに連動するレンズカバー、笑顔を検出して自動的に撮影する「スマイルシャッターLite」などを備えています。

「W61S」(閉じた背面 「Cyber-shotケータイ WIN W61S」

 「Cyber-shot」を冠するケータイとしては、先にドコモの「SO905iCS」(2008年2月発売)が発売されたため「日本初」は逃しましたが、ほぼ同等のカメラ機能に加えて、録画機能対応のワンセグやBluetoothにも対応していました。

 ちなみに、個装箱と持ち帰り用の袋はau仕様ではなく、専用デザインのものが用意されました。

左側面
右側面

「W61S」の主な仕様

  • 発売日:2008年5月3日
  • キャリア:au
  • メーカー:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
  • サイズ:約50(幅)×114(高さ)×22(奥行き)mm
  • 重量:約149g
  • メインディスプレイ:2.8型(480×800ピクセル)透過型TFT液晶 26万色
  • アウトカメラ:有効約511万画素CMOS
  • インカメラ:有効約33万画素CMOS
  • ボディーカラー:スペクトラムピンク、シャドウブラック、プリズムホワイト、リフレクションゴールド、ルミナリーピンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう