連載
» 2017年10月29日 14時15分 公開

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:iOS 11の「カメラ」「写真」アプリの進化と注意点 (1/2)

iOS 11では、標準の「カメラ」「写真」アプリにも変更点がある。それをザッと確認するのである。

[荻窪圭,ITmedia]

 iOS 11にバージョンアップした後、カメラ回りはあまり変わってないように見える。けれど、実は細かい変化があり、注意したいポイントもある。

 そこで、その辺をまとめておくのである。

一見するとほとんど変わりない「カメラ」だが……

 一見すると、iOS 11のカメラアプリは以前と変わらない。相変わらず撮影は基本的にオートのみ。

 撮りたい所をタップすればそこにフォーカスと明るさを合わせてくれるユーザーインタフェース(UI)もそのままである。iOS 10と同様に、カメラアプリで設定できるのは「ライト」「HDR(高ダイナミックレンジ撮影)」「Live Photos(静止画と同時に3秒間の動画を保存するモード)」「セルフタイマー」ぐらい。

 ISO感度とかシャッタースピードとかホワイトバランスとかややこしい設定を楽しみつつ凝った撮影をしたい人や、撮った写真をRAW形式で保存したいという人はサードパーティーのアプリを使いましょうという、Appleらしさは健在。

 iOS 10のカメラアプリと比べてみると、違いがあってもわずかだ。

iPhone 6s Plus×iOS 10のカメラアプリiPhone 7 Plus×iOS 11のカメラアプリ iOS 10のカメラアプリ(写真=左、iPhone 6s)とiOS 11のカメラアプリ(写真=右、iPhone 7 Plus)。見た目はほとんど変わらない

実は「カメラ」には大きな違いが4点ある

 が、要注目のポイントが4つある。

ポイント1:フィルターがリニューアル

 1つは「フィルター」。簡単にいうとフルリニューアルされて、より実用的なものに変わった。

 iOS 10までのフィルターには、「フェード」や「インスタント」など、特殊効果的なものが混じっていた。

 iOS 11ではそれを一新し、3パターンの「ビビッド」、3パターンの「ドラマチック」と、モノクロ(単色)系の「モノクローム」「シルバートーン」「ノアール」の計9つが搭載された。iOS 10から引き続き搭載しているフィルターはノアールのみ。

iOS 10のフィルター iOS 10までのフィルターの一覧。フィルターと言いながら、特殊効果的なものも混じっていた
ビビッドドラマチックノアール iOS 11ではフィルターが実用的に。左からビビッド、ドラマチック、ノアール(iOS 10から継続)

 こうして見ると、より実用的になったということが良く分かる。フィルターは撮影後に写真アプリの「編集」からかけることもできるので、撮るときは「ノーマル」(フィルターなし)のままでも大丈夫だ。

ポイント2:QRコード読み取り機能

 2つ目は「QRコード」。従来のiOSではQRコード(3次元バーコード)の読み取りに別途アプリが必要だったが、iOS 11のカメラアプリではQRコードを読み取れるようになったのだ。

 撮影モードとして「QRコード」を用意するのではなく、通常の撮影モードでQRコードを見つけたら自動的にさっと解釈して、画面上部にぴょこん通知として出てくるのはAppleらしい。

 で、そこをタップすればQRコードの内容が実行される。

QRコードを認識 iOS 11のカメラアプリでは、QRコードを認識すると画面上部に読み取り結果が出る

 「QRコードを読みたかったんじゃない、普通に撮ろうと思ったらたまたまQRコードがあっただけなんじゃー」という場合は、この通知を無視してシャッターを押しても良いし、通知を上にフリックして消しても良い。その辺はスムーズ。

 ただ、標準のカメラアプリでは、QRコードがあまりに小さいと認識してくれないことがある。QRコードをよく読み取る人は、引き続きQRコードアプリを別途インストールしておくことをおすすめする。私としては、QRコードを開発したデンソーウェーブの公式アプリ「公式QRコードリーダー“Q”」が良いと思う。

ポイント3:真上からの撮影がしやすくなった

 3つめは小ネタ。被写体の真上からの写真を撮りやすくなった。

 カメラを真下に向けると、画面中央に黄色と白色の2つの小さな十字が現れる。これを1つになるよう合わせると、真上からの写真をしっかり撮れるのだ。

黄色と白色の十字をうまく合わせて撮影すると……
真上からの写真 真上からの写真をキレイに撮れた!

 真上からの撮影って、けっこう難しい。特にiPhoneはレンズが本体の端に付いているから、感覚的に合わせづらい。それを踏まえると、この機能は便利。

 たぶん、書類や名刺を真上から撮りたいニーズがあったんじゃないかと思うのだが、普通に撮影するときでも電子水準器を表示できるモードはあったら良いな思っている次第。

ポイント4:Live Photosにエフェクトが使えるようになった

 4つめはLive Photos(ライブフォト)。Live Photosモードで撮った写真に対して「ループ」「バウンス」「長時間露光」の3つのエフェクトを使えるようになったのだ。

 これについてはiPhone 8のカメラ機能レビューでも書いたのでさらっとご紹介。

水の写真 こんな何てことない水の写真も……
エフェクトをかける Live Photosで撮っておけば後から……
長時間露光写真っぽく こんな長時間露光した写真にできる

 こんな感じ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう