ニュース
» 2018年01月17日 11時45分 公開

「iPhone 7 Plus」が2017年の中国スマートフォン市場で2位に──Counterpoint調べ

2017年の中国スマートフォンモデル別市場シェアで、「iPhone 7 Plus」が2位に、「iPhone 7」が5位にランクインした。1位は中国メーカーOppoの「R9」。10位まで、Apple以外はすべて中国製品だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 香港に拠点を置く調査会社Counterpointは1月15日(現地時間)、中国での2017年のスマートフォン販売シェアランキングを発表した。中国以外のメーカーで10位までにランクインしたのは米Appleのみだった。

 china 1 2017年の中国スマートフォンモデル別市場シェア(資料:Counterpoint Market Pulse 2017)

 1位はOPPOの「R9」。OPPOの製品は4位と6位にも入った。R9は2499元(約4万3000円)のミッドレンジ端末。セルフィー撮影に特化した1600万画素のインカメラや急速充電が売りだ。

 china 2 OPPO R9

 Appleの「iPhone 7 Plus」が2位に、「iPhone 7」が5位にランクインした。これらは「iPhone 8/8 Plus」発売段階で値下げされた後、台数が伸びた。現在の中国での販売価格は、前者が5588元から、後者は4588元からだ。iPhone 7 Plusの方がiPhone 7より売れていることは、中国市場が価格だけを重視しているわけではないことを示しているとCounterpoiutは指摘する。

 china 3 中国のiPhone 7販売ページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう