ニュース
» 2018年01月24日 20時00分 公開

トーンモバイルが「TONE Factory」を開発 カスタマイズスマホの小ロット提供が可能に

キッズ(子供)やシニア(中高年層)向けのサービス開発に注力してきたトーンモバイル。今度は「法人」「団体」をターゲットにカスタマイズスマホを小ロットで提供するサービスを提供する。

[井上翔,ITmedia]

 トーンモバイルは1月24日、法人や団体を対象とするスマートフォンのカスタマイズサービス「TONE Factory(トーンファクトリー)」を発表した。同社のAndroidスマートフォン「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)のソフトウェアを要望に応じてカスタマイズできるもので、将来的には通信サービスのカスタマイズにも対応する予定となっている。受注は50台以上と小ロットから受け付ける。

概要 TONE Factoryの概要

 TONE Factoryでは主に以下の項目をカスタマイズできる。

  • 独自アプリのインストール
  • TONEのアプリ・サービスの設定
  • ホーム画面
  • 壁紙
  • 端末の「初期設定」

 独自アプリはGoogle Playを経由せずに配信・アップデートできる。企業や学校のクローズド(外部非公開)アプリを使いたいというニーズや、通常のアプリでは利用できない「特別な権限」を使うアプリを使ってサービスを提供したいというニーズにも応えられるという。ただし、独自アプリは配信前にトーンモバイルで検証を行う必要がある。

カスタマイズ TONEのサービスやアプリの動作に関するカスタマイズも可能

 TONE Factoryを利用する法人・団体には「ブランドID」が付与される。このIDに独自の「ソフトウェアツリー」をひも付けることで、ネットワークからカスタマイズ内容が配信され、自動的にアプリのインストールと端末設定が行われる仕組みとなっている。

 そのため、工場や流通拠点段階でのキッティングやカスタマイズは不要だが、端末ハードウェアのカスタマイズには対応しない。

実は「おためしレンタル」で使っていた

 TONE Factoryのシステムは、TONEを取り扱うTSUTAYA(一部を除く)で実施中の「おためしレンタル」ですでに使われている。

 現在、複数の企業とTONE Factoryの導入交渉を進めているという。早ければ2018年春には初の「外部導入」が実現する見通しだ。

導入事例 TONE Factoryの最初の導入事例はおためしレンタルだった。外部導入の初事例は早ければ2018年春となる

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう