ニュース
» 2018年03月15日 12時51分 公開

Facebook、メッセンジャーで遊べる「Instant Games」の開発プラットフォームを公開 広告での収益化も可能

Facebookが「Instant Games」の開発プラットフォームを一般公開した。メッセンジャーで遊べるミニゲームを誰でも作れるようになった。「Ad API」で広告による収益化も可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは3月14日(現地時間)、「Facebook Messenger」(以下、メッセンジャー)で遊べるミニゲーム「Instant Games」の開発プラットフォームを一般公開すると発表した。

 instant games 1

 Facebookは、2016年からInstant Gamesを提供しているが、これまではクローズドβだった。現在は「パックマン」や「テトリス」など200本以上のゲームがメッセンジャー上で楽しめる。

 instant games 2 現行のInstant Games

 プラットフォーム公開により、誰でもHTML5ベースのクロスプラットフォームのミニゲームを開発できるようになる。

 また、昨年10月からテストしてきた広告での収益化を開始する。開発者は「Ads API」を利用できるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう