ニュース
» 2018年03月28日 10時06分 公開

Apple、教師向け無料教育カリキュラム「Everyone Can Create」今秋提供開始へ

Appleが無料教育カリキュラム「Everyone Can Create」を今秋提供開始する。教師が授業にiPadを使ったスケッチや音楽などのスキルを取り込むのをサポートする。宿題管理アプリ「Schoolwork」も発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月27日(現地時間)、シカゴの高校で開催した教育関連イベントで、教師向けの無料カリキュラム「Everyone Can Create」を発表した。日本を含む世界で今秋提供を開始する計画だ。

 create 1

 このカリキュラムは、教育者とプロのクリエイターの協力で作られており、動画、写真、音楽、スケッチの基本的なスキルとテクニックを学べるようになっているという。カリキュラムの下で生徒たちは、同日発表の、「Apple Pencil」をサポートする「新しい9.7インチiPad」で使える無料アプリを使いながら、これらのテクニックを学べる。

 create 2 iPadとApple Pencilを使ったスケッチや動画制作などを授業に取り込める

 iTunesで無料でダウンロードできる教師用ガイドブック(現在はまだ英語版のみ)で、教師は各科目にカリキュラムを取り入れる方法を学べる。生徒用ガイドブック(こちらも英語版のみ)は、iPadで無料で使える各種アプリを使ったスキル習得方法をステップ・バイ・ステップで説明する。

 create 3 教師用ガイド

 このイベントでは他に、新しいiPad、教師向け宿題管理アプリ「Schoolwork」(記事末の動画で紹介)、これまでiPad向けのみだった生徒管理アプリ「クラスルーム」のMac版リリースなどが発表された。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう