ニュース
» 2018年05月07日 17時15分 公開

携帯市場のガラケー専門店、販売台数7万台を突破 前年から約1.3倍に

2017年11月15日にリニューアルオープンしたガラケー専門店「携帯市場 神田店」が、オープン約5カ月の2018年4月15日までに販売台数7万台を突破。前年同期比約1.3倍となり、69%が男性による購入となっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 携帯市場は、5月7日にガラケー専門店「携帯市場 神田店」の販売台数が7万台を突破したと発表した。

 携帯市場 神田店は2017年11月15日にリニューアルオープンし、オープン約5カ月の2018年4月15日までに達成。前年同期比約1.3倍となり、前年よりも3カ月早いペースでの達成となる。

Photo 販売台数推移

 同店の購入者200人を対象に調査を行ったところ男女比は男性が69%で、購入比率は男性20代が4%、30代が21%、40代が29%、50代が29%、60代が14%。女性は20代が3%、30代が30%、40代が45%、50代が18%、60代が3%だった。商品の売れ筋価格帯は3980円〜4980円で、客単価は男性7500円、女性5900円と商品価格帯よりも高くなった。これは消耗品のバッテリー追加購入や複数台が多いことによる。

PhotoPhotoPhoto 購入者調査

 また、同店では「母の日」にフィーチャーフォンをプレゼントしたいという利用者の要望に応え、5000円(税別)以上の端末を購入したユーザーへもう1台プレゼントするキャンペーンを実施中。期間は5月14日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう