連載
» 2018年06月02日 10時00分 公開

メガネいらずで立体映像が楽しめる! 3D液晶搭載ケータイ「mova SH505i」(懐かしのケータイ)

シャープ初の「mova 50xi」シリーズ端末となった「mova SH505i」。3D液晶や世界初のminiSDメモリーカードスロットを備え、QRコード読み取りやOCR機能に対応したメガピクセルカメラを搭載するなど、機能が“盛りだくさん”でした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのシャープ製ケータイ「mova SH505i」です。

「mova SH505i」(閉じた正面)
「mova SH505i」(開いた正面) 「mova SH505i」

 2003年に発売されたSH505iは、シャープ初の50xiシリーズ端末です。

 裸眼で3D表示を楽しめるディスプレイを搭載していて、対応した待ち受け画面などを立体的に表示できるほか、撮影した写真を3Dに変換することもできました。

「mova SH505i」(閉じた背面)
アンテナを伸ばした様子

 2002年11月に発売された「SH251iS」も3D液晶を搭載していましたが、SH251iSが「2.2型・176×220ピクセル」だったのに対し、SH505iでは当時としては最大級の「2.4型240×320ピクセル」に進化していて、より大画面・高精細な立体画像を楽しむことができました。

 カメラ機能ではQRコードの読み取りや、印刷物などからURLなどを読み取ってテキストデータ化できるOCR機能などにも対応していました。

カメラ回り
右側面

 簡易的なマルチタスク機能にも対応していて、メール作成中に電話帳を呼び出してコピー&ペーストしたり、通話中にスケジュールの確認をしたりすることができました。

 機能盛沢山だったため忘れられがちですが、世界で初めてminiSDメモリーカードスロットを搭載したケータイでもありました。

手に持った様子

「mova SH505i」の主な仕様

  • 発売日:2003年6月20日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:シャープ
  • サイズ:約50(幅)×102(高さ)×24(奥行き)mm
  • 重量:約125g
  • メインディスプレイ:2.4型(240×320ピクセル)システム液晶 26万2144色
  • サブディスプレイ:1.2型(96×64ピクセル)STN液晶 6万5536色
  • アウトカメラ:有効約100万画素CCD
  • ボディーカラー:アトランティックブルー、シベリアンシルバー、ニューヨーカーブラック

関連キーワード

mova | シャープ | NTTドコモ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう