トップ10
» 2018年09月11日 17時20分 公開

Mobile Weekly Top10:「iPhone」販売の舞台裏/シャープが「有機EL」スマホを展示

まもなく発表されるであろう新型「iPhone」。iPhoneのシェアがとても高い日本において、携帯電話販売店がiPhoneを取り扱うには厳しい条件が課されているのをご存じでしょうか。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2018年9月3日から9月9日までのアクセスを集計し、ランキング化しました。

いよいよ木曜日深夜! まもなく開催の「Apple Special Event」

 新型iPhoneが発表されるであろう「Apple Special Event」が9月13日午前2時(日本時間)に迫る中、トップ10中4記事がiPhone関連の記事となりました。その中でも注目は、3位に入った「『iPhone売らないとヤバい』――元店員が振り返る、重い『販売ノルマ』」です。

 この記事にもある通り、携帯電話販売店がiPhoneを取り扱う場合、他機種にはないさまざまな条件が課されています。その条件を全てクリアすることは大変なことではありますが、iPhoneが大きなシェアを占める「特殊市場」である日本において、iPhoneを取り扱えないことは販売店にとっての「死活問題」になり得ます。何としてでもノルマをクリアしようと頑張ろうという気持ちも分からないでもありません。

 まもなく発表されると思われる新型iPhoneでも「特別扱い」は続くことになるのでしょうか……?

シャープがIFA 2018に参考出展した有機ELディスプレイ搭載スマホ シャープがIFA 2018に参考出展した有機ELディスプレイ搭載スマホ

 ランキングの5位に入った「シャープが有機ELディスプレイ搭載スマホを発表 日本では年内に発売か?」は、シャープが「IFA 2018」に参考出展した有機ELディスプレイ搭載スマートフォンに関する記事です。

 シャープといえば、近年はIGZO液晶ディスプレイをスマートフォン用ディスプレイの主力に据えてきました。そのシャープが有機ELディスプレイを取り入れたことが、筆者にとっては大きな驚きです。

 しかもこのスマホ、フェリカネットワークスの「モバイル非接触IC通信マーク」が印字されていることにも驚きました。このマークは、ごくごく一部の例外を除いて「おサイフケータイ」を搭載する端末に印字されるもの。つまり、この参考出展スマホは日本市場での販売を想定している可能性が高いです。

 「IGZOのシャープ」が初めて手がける有機ELディスプレイスマホには、どのような“シャープらしい”工夫が凝らされるのか、今から楽しみです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう