レビュー
» 2018年09月27日 10時00分 公開

iPhone XS/XS Maxではバッテリーが切れてもSuicaが使える? 実際に試してみた

新iPhoneでは、バッテリーが切れた状態でもSuicaが使える。予備電源を別途内蔵したため。本当に使えるのか、実際に試してみた。

[田中聡,ITmedia]

 あまり大きくアピールされていないが、「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」のApple Payで、進化した部分がある。それが、Suicaで使える「予備電力機能付きエクスプレスカード」だ。

 iPhone 7、8、Xなど従来のiPhoneでSuicaを利用するには、iPhone本体にバッテリーが残っている必要がある。しかしiPhone XS/XS Maxでは、バッテリーとは別に「予備電力」が本体に内蔵されており、バッテリーが切れた状態でも、エクスプレスカードに登録したSuicaが使えるようになる。

Apple Pay Suica Appleのサポートページにも、iPhone XS/XS Maxは予備電力機能付きエクスプレスカードが使える旨が説明されている。ここではiPhone XRの言及がないが、XRの仕様に「予備電力機能付きエクスプレスカード」と明記されている

 エクスプレスカードはApple Payに搭載された機能の1つで、Touch IDやFace IDの認証なしに、iPhoneをかざすだけで改札の通過や決済が可能になる。登録できるのはSuicaのみで、SuicaのカードをApple Payに複数追加している場合、その中から1枚を選んでエクスプレスカードに登録できる。

 iPhone 7〜iPhone Xは、改札をApple PayのSuicaで通過して、その後、改札を出るまでにiPhoneのバッテリーが尽きてしまった場合、改札を出られない事態になってしまう。しかしiPhone XS/XS Max/XRならこうした事態を解消できるというわけだ。

 筆者も実際にiPhone XS Maxで試してみた。事前にSuicaのデータをXS Maxに移し、バッテリー残量を0に。そのまま改札にXS Maxをかざしたところ、いつも通り「ピピッ」と音が鳴って通過できた。Suicaを使った売店での支払いや、飲食店の券売機での支払いも、問題なくこなせた。

 予備電力によるエクスプレスカードが使えるかどうかは、バッテリーの切れたiPhoneのサイドキーを押せば確認できる。キーを押した後に「エクスプレスモードのカードが利用できます」と画面下部に表示されればよい。なお、この表示を出さなくても、予備電力機能付きエクスプレスカードは問題なく使える。

Apple Pay Suica バッテリーの切れた状態でサイドキーを押すと、エクスプレスカードが使える旨が表示される

 Appleのサポートページによると、「この操作(サイドキーを押すこと)を何度も行うと、エクスプレスカード用の予備電力が大幅に減少する可能性があります」とのこと。この表記を出すだけでも電力を消費するため、むやみにキーは押さない方が良さそうだ。

 予備電力が使えるのは最大5時間なので、無制限に使えるわけではないが、これだけの時間があれば、よほど長距離の移動でない限り、カバーできるだろう。なお、iPhoneの電力が切れている状態では、予備電力機能付きエクスプレスカードは使えない。バッテリーが残っているときは、電源を入れてSuicaを使うようにしよう。

 長距離の移動だと、改札を出る前にiPhoneのバッテリーが尽きてしまう……ということは特に起こりうる。小さな進化だが、いざというときのために、エクスプレスカード用に予備電力が内蔵されているのは安心だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう