ニュース
» 2018年10月31日 02時03分 公開

「iOS 12.1」配信へ グループFaceTimeやeSIMに対応

「iOS 12.1」が配信される。最大32人のユーザーとFaceTimeで通話ができる「グループFaceTime」に対応する。70種類の絵文字も使えるようになる。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが、「iOS 12.1」の配信を開始する。提供時期について同社は10月30日と説明しているが、31日の午前2時時点で配信は来ていない。恐らく10月30日は米国時間で、日本では31日に配信が始まるものとみられる。

 iOS 12.1では、最大32人のユーザーとFaceTimeで通話ができる「グループFaceTime」に対応する。現在どのメンバーが話しているかが分かるよう、話者の顔を目立つよう表示したり、アニ文字やミー文字を自分のアイコンとして使ったりできる。グループメッセージのチャットから直接グループFaceTimeを始めることもできる。

iOS 12.1 グループFaceTime

 iPhoneとiPadでは新たに70種類の絵文字が使えるようになる。赤毛、白髪、巻き毛の新キャラクター、髪のない人々、顔文字のスマイリー、動物、スポーツ、食べ物などの新絵文字が追加される。

iOS 12.1 追加される絵文字

 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRでは、被写体の背景をぼかせる「ポートレートモード」で撮影した写真の被写界深度を、これまでの撮影後に加え、撮影前にリアルタイムで調整可能になる。リアルタイムの深度コントロールは、アウトカメラだけでなく、前面のTrueDepthカメラでも行える。

 同じくiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRでは、iOS 12.1にアップデートすると、nanoSIMに加えて、eSIMも利用できるようになる。日本でのeSIMは、ソフトバンクが対応を表明しているが、利用時期については未定。eSIMに対応している通信キャリアは、AppleのWebサイトから確認できる。

iOS 12.1 新iPhone発表時に明かされた、eSIMに対応する各国のキャリア

配信開始、不具合の修正も(10月31日11時27分追記)

 iOS 12.1は、日本時間で10月31日の明け方から配信されている。幾つかの不具合修正や、新たな機能追加が行われることも分かった。主な内容は、以下の通り。

  • iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRのモバイルデータ通信接続を改善
  • Face IDまたはTouch IDを使って、子どもスクリーンタイムのパスコードを変更またはリセットできる機能を追加
  • iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRのインカメラで撮影した写真で最もシャープな参照フレームが選択されないことがある問題を修正
  • 2人のユーザーが同じApple IDを使って複数のiPhoneでサインインしていたときに、メッセージが1つのスレッドに結合されてしまう問題を解決
  • 一部の留守番電話が「電話」アプリに表示されない問題を修正。電話アプリで、その電話番号の連絡先の名前が表示されないことがある問題を解決
  • 特定のWebサイトがスクリーンタイムのアクティビティレポートで報告されないことがある問題を修正
  • ファミリー共有で家族を追加または削除できないことがある問題に対処
  • iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusで、デバイスが突然システム終了しないようにするパフォーマンス管理機能を追加(機能を無効にすることも可能)
  • iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRにApple純正バッテリーが搭載されているかどうかを検証できない場合に、ユーザーに通知する機能を「バッテリーの状態」に追加
  • カメラ、Siri、SafariにおけるVoiceOverの信頼性を改善
  • 一部のエンタープライズユーザーに対して、MDM Device Enrollmentで無効なプロファイルエラーが報告されることがある問題を修正
iOS 12.1 iPhone Xで確認したところ、アップデートファイルの容量は470.1MBだった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう