ニュース
» 2018年11月05日 05時41分 公開

調査レポート:世界スマートフォン出荷ランキング、Appleは7〜9月期も3位──IDC調べ

IDCが7〜9月期の世界におけるスマートフォン市場調査結果を発表した。メーカー別ランキングでは、前四半期に中国Huaweiに抜かれた米Appleが3位に留まった。トップのSamsungも中国勢にシェアを奪われた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社IDCが11月1日(現地時間)に発表した第3四半期(7〜9月)の世界におけるメーカー別スマートフォン出荷に関する調査結果によると、総出荷台数は前年同期比6%減で、これは調査開始以来4番目に大きな減少という。総出荷台数は3億5520万台だった。

 メーカー別出荷台数ランキングでは、9月に新モデル「iPhone XS/XS Max」を発売した米Appleは、シェアを0.8ポイント伸ばしたものの、前期に中国Huaweiに抜かれたまま3位に留まった。

 idc 1 第3四半期のメーカー別世界スマートフォン出荷トップ4(単位:百万台、資料:IDC)

 IDCは、「iPhone XR」も揃うホリデーシーズンにはAppleが2位に返り咲く可能性があるとみている。

 Appleは1日の業績発表で、10〜12月期からは四半期のiPhoneの出荷台数を公表しないと発表した。幅広い価格帯のハードウェアポートフォリオにとって、出荷台数は業績の正確な指標にはならないという説明だった。

 1位と2位は前期と変わらず、韓国Samsung ElectronicsとHuaweiだった。Samsungは首位ではあるが、市場シェアは1.8ポイント減だった。インドやインドネシアなど、同社が強かった市場でXiaomi、OPPO、vivoなどの中国新興メーカーが台頭してきたことの影響だ。

 世界全体の総出荷台数減は、総出荷台数の約3分の1を占める中国市場の減速を反映している。中国での総出荷台数は6四半期連続で減少している。

 トップ4のランキングは前期と変わらず、4位はXiaomi、5位はOPPOだった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう