バラして見ずにはいられない

「バラして見ずにはいられない」の連載記事一覧です。

バラして見ずにはいられない:

歴代のApple Watchを見ると、新技術はまずWatchに搭載され、それからiPhoneに搭載されるようだ。今回は「Apple Watch Series 3」(セルラーモデル)を分解。気になるeSIMや、モバイル通信用のアンテナなどを見ていきたい。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

「iPhone 8/8 Plus」はワイヤレス充電に対応した初めてのiPhone。これに伴い、中身も大きく変更されている。また、一部のiPhone 8/8 Plusでバッテリーが膨張するという報告があったようだが、この原因についても考察したい。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

Samsungの最新スマートフォン「Galaxy S8+」の分解レポートをお届けする。中身を見ると、最先端の部品が詰まっている。気になるバッテリーのメーカーも調べた。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

iPhone 7ではイヤフォンジャックの廃止や防水対応、ホームボタンのTaptic Engine搭載など、変化(進化)した部分が多い。7で変わった部分を、分解しながら見ていこう。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

防水ボディーが復活し、新しい放熱機構も搭載した「Galaxy S7 edge」。その中身を分解してレポートする。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

iPhone 5sと同じデザイン・サイズで、iPhone 6s相当のスペックとなった「iPhone SE」。中身はどうなっているのか分解してみた。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

新機能「3D Touch」を搭載したiPhone 6s/6s Plus。新しく搭載された感圧センサーや振動で操作に対するフィードバックを行う「Taptic Engine」には日本企業の技術が欠かせなかったようだ。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

先代の「Xperia Z3」と見分けが付かないほど、限定的なモデルチェンジだった「Xperia Z4」。しかし使われている部品や製造コストにはかなり差があるようだ。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

世界初のデュアルエッジスクリーンを搭載したSamsungのフラッグシップモデル「Galaxy S6 Edge」。分解・調査の結果、中身も世界初の部品が多数採用されていた。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

5インチの大画面フルHDディスプレイをいち早く採用しながら、薄く持ちやすいボディを実現したHTCの「HTC J butterfly HTL21」は、そのスペックの高さとデザインのよさから国内でも高い人気を誇る端末。早速その中身を見てみよう。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

9.7インチ(iPad)よりも小さく、4インチ(iPhone)よりも大きい——。この2つのサイズの溝を埋める存在として登場した「iPad mini」は、その名の通りこれまでのiPadの資産を継承しつつ作られたモデルだ。中身を見るとそれがよく分かる。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

富士通がクアッドコアプロセッサー「Tegra 3」をスマートフォンに搭載したことで話題になった「ARROWS X F-10D」。このスマートフォンは、現在主流のQualcomm製チップを利用する製品とは異なるプラットフォームとなっており興味深い。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

ソニーモバイルコミュニケーションズが鳴り物入りで発表したフラッグシップモデル「XPERIA S」のドコモ向けモデル「Xperia NX SO-02D」は、Floating Prismを用いたデザインが特長のモデル。登場からまだ1年も経っていないモデルだが、この頃のAndroidスマートフォンはどんな構成だったのか。中身を確認してみた。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

Androidスマートフォン「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」は、auのスマートフォンラインアップ初のSamsung電子製端末ということもさることながら、3G、Wi-Fi(無線LAN)に加えてWiMAXでの通信もサポートする端末としてもとても興味深い。中身はいったいどうなっているのか、確認してみた。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()
バラして見ずにはいられない:

Appleが発売した第3世代のiPadは、今後の同社の製品ラインアップを占う上でも重要なデバイスだ。すでにさまざまなメディアで「新しいiPad」の中身が明らかにされているが、6月のWWDCの開催を前に、改めて国内モデルのiPadを分解し、その中身を確認してみたい。

【柏尾南壮(フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ) , ITmedia】()