ニュース
» 2007年01月16日 14時32分 UPDATE

2007年春 Vista搭載PC特集:新リビングVAIOはBDドライブを搭載――VAIO type X Living

リビングでの利用を想定したデスクトップPC「VAIO type X Living」の新モデルは、標準でBDドライブを搭載。独自の高音質機能も投入されている。

[ITmedia]
og_typexliving_001.jpg VAIO type X Living

 AV機能に特化した「VAIO type X Living」の新モデル「VGX-XL1D」は、CPUをCore 2 Duo E6400(2.13GHz)に、HDD容量を500Gバイトに強化するなど、スペックが大幅に底上げされている。また、グラフィックスカードにGeForce 7600 GTL(HTMI出力装備)を採用し、Blu-rayドライブでBDコンテンツの再生にも対応した。TVチューナーは地上/BS/110度CSデジタルチューナー×1とアナログチューナー×2を装備。デジタル放送の視聴と録画/再生、およびムーブが可能となっている。搭載OSはWindows Vista Home Premiumだ。

 このほか高音質機能として、HD対応デバイス「SoundReality」を搭載し、24ビット/192kHzのPCM、1ビット/2.8224MHzのDSDに対応。ソニー独自の技術によりS/N比107デシベルの高品位サウンドを実現したという。音声入出力端子として、光デジタル音声入力(96kHz)、光デジタル音声出力/同軸出力(192kHz)、およびアナログ入力×1、アナログ出力×1を備えている。

 なお、VAIOオーナーメイドモデルの「VGX-XL1S」では、メモリを最大3Gバイトまで搭載可能なほか、HDDを1.5Tバイトまで増設できる。

 近日中に発売される見込みで価格はオープン。予想実売価格はVGX-XL1Dが約35万円、VGX-XL1Sが約33万円からとなっている(ともに税込み)。

VAIO type X Living店頭モデルの概要(その1)
タイプ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO type X Living VGX-XL1D セパレート型 アーキテクチャ変更 Core 2 Duo E6400(2.13GHz) 1024MB 500GB Home Premium 35万円前後
VAIO type X Living店頭モデルの概要(その2)
タイプ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VAIO type X Living VGX-XL1D Intel P965 BD-R/RE対応Blu-ray Disc GeForce 7600 GTL 3波デジタル/地アナ 約10.5キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.