速報
» 2007年01月30日 02時30分 UPDATE

Windows Vista深夜販売 アキバ編:“PC市場の中心”でVistaが離陸

1月30日午前0時。深夜の秋葉原でWindows Vistaの販売がついに始まった。

[後藤治,ITmedia]

 Windows Vistaの販売が始まった。

 深夜販売限定のUltimate DSP版パッケージ「Ultimate α」(512MバイトのUSBメモリが付属)を300本用意したTSUKUMO eX.では、23時前からVistaガールズとUltimateブラザーズによるゲーム大会が行われていたが、23時30分過ぎに応援隊としてアキバを巡るセイン・カミュ氏が登場、大抽選会を行った後、ついにカウントダウンが始まった。

og_sinya2_001.jpgog_sinya2_002.jpgog_sinya2_003.jpg VistaガールズとUltimateブラザーズ
og_sinya2_004.jpgog_sinya2_005.jpgog_sinya2_006.jpg セイン・カミュ氏も参加して、Xbox 360やWebカメラ、キーボードが当たる大抽選会も行われた。アキバにはめったに来ないという同氏は、実はPCもよく分からないんだよね、とコメントし、司会のにこやかな表情がほんの一瞬凍る場面も。それでいいのか応援隊……

 カウントダウン直前の除幕式にはマイクロソフト Windows本部 本部長ジェイ・ジェイミソン氏が登壇し、「秋葉原は世界のコンシューマーPC市場の中心。そのアキバでWindows Vistaの発売に立ち会うことができ非常に光栄です」(日本語で“うれしーでーす”とも)とコメント。また、インテルのロビー・スウィヌン氏も駆けつけ、「Windows VistaとCore 2 Duoは非常に相性がいい。TSUKUMO eX.でもバンドル製品を販売しているので是非体験して欲しい」と宣伝も兼ねる祝辞を述べた。

og_sinya2_007.jpgog_sinya2_008.jpgog_sinya2_009.jpg Vistaガールズに挟まれた中央左から、マイクロソフト Windows本部 本部長ジェイ・ジェイミソン氏、九十九電機代表取締役 鈴木淳一氏、インテル代表取締役共同社長のロビー・スウィヌン氏(写真=左)。幕が下ろされるとWindows Vista Ultimate新発売の文字(写真=中央)。先頭の購入者には鈴木氏自らパッケージが手渡された(写真=右)

 なお、TSUKUMO eX.で行われた直近の深夜販売イベントは、8月に行われたインテルのCPU「Core 2 Duo」以来となる。鈴木氏によると、Core 2 Duoの同店の販売数はCore 2 Duo搭載PCも含めるとこの5カ月間で3万3千個以上、秋葉原がPC市場をリードする存在であることは実証済みと述べ、Windows Vistaに対しても同様の期待を寄せた。ちなみに、同店のVista予約販売数はすでに3千本を超えており「今晩で4千本は確実」としている。


og_sinya2_010.jpg 取材に応じてくれたY・Sさん

 さて、寒空の中(しかも月曜日の深夜に)行列を作り、いちはやくWindows Vistaを手に入れた人はどのような思いでこの“最新OS”を待っていたのだろうか。2番めに製品を受け取った女性「Y・S」さんに話を伺った。終電の時刻が迫る短い時間の中、どうもありがとうございました(ちなみにこの女性は3番めに並んでいた方。わざわざ大阪から来て2番めに並んでいた人は食事に行ってくると言ったきり戻ってきていないという……)。

――おつかれさまでした。ええと……だいぶ並んでましたよね。

Y・S 「9時間ですね(笑)」

――月並みですが、いまの心境をお聞かせください。

Y・S 「うれしいでーす、ずっと待っていたので」

――Betaは使ってなかったんですか?

Y・S 「はい。あえて使わずに待ってました。だから、帰ってからインストールするのが(Vistaの)初体験になるんですよ」

――わざわざ深夜に並んだのは限定パッケージ目当てですか?

Y・S 「もちろんすぐ使いたいから。あ、でも、これだけ待ったんだから、αを買うべきでしたかねー」

――帰ったら疲れて寝てしまう、なんてことは……。

Y・S 「絶対寝ません、気合いで入れます(笑)」

――ありがとうございました。気をつけて帰ってください。

 なお、秋葉原以外の深夜販売の状況や、詳報は追って掲載する予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.