ニュース
» 2008年09月02日 11時00分 UPDATE

2008年PC秋冬モデル:16型ワイド液晶を搭載しフルモデルチェンジを果たした最上位ノートPC――「LaVie C」

NECのフラッグシップノートPC「LaVie C」がラインアップを一新。Centrino 2プラットフォームを採用してボディも生まれ変わった。

[ITmedia]

1366×768ドット表示の16型ワイド光沢液晶ディスプレイを搭載

 NECのノートPC「LaVie」シリーズで最上位に位置する「LaVie C」がフルモデルチェンジし、Centrino 2プラットフォームを採用した。ラインアップは従来の3モデルから、光学ドライブの違いによる2モデルに変更された。

 新モデルでは、CPUにFSB 1333MHz対応の新型Core 2 Duo P8400(2.26GHz/2次キャッシュ3Mバイト)を搭載し、チップセットはATI Radeon Xpress 1250からIntel PM45 Expressに変更され、2モデルともIEEE802.11a/b/g/n(nはドラフト2.0準拠)対応とインテルの最新モバイルプラットフォーム「Centrino 2」に生まれ変わった。また、オンボードメモリが廃止され、2Gバイトのメモリモジュール(PC2-6400対応)が1枚実装される形に改められた(メモリスロットは計2基ある)。そのほか、GPUはATI Mobility Radeon HD 2400からNVIDIA GeForce 9600M GSとなり(ローカルグラフィックスメモリは256Mバイトのまま)、3Dのパフォーマンスも向上した。

ht_0809lc01.jpght_0809lc02.jpg 左から、Blu-ray Discドライブを内蔵した最上位モデル「LC950/RG」と、DVDスーパーマルチドライブを内蔵した下位モデル「LC900/RG」

ht_0809lc03.jpg 16型ワイド光沢液晶ディスプレイ(スーパーシャインビューEX2)を搭載する

 ボディカラーは夏モデルの白と銀から黒ベースに改められ、液晶ディスプレイも15.4型ワイドから16型ワイド光沢液晶ディスプレイに一新。アスペクト比は従来の16:10から16:9になって映像コンテンツとの親和性を向上する一方、画面解像度は1440×900ドットから1366×768ドットに縮小している。色域も従来のスーパーシャインビューEX3(NTSC比で約90%)からスーパーシャインビューEX2(同72%)になったが、応答速度は夏モデルの2倍にあたる8msに高速化された。さらに専用チップを内蔵し、色再現性をアップさせる「彩りプラス」機能を備えて動画や静止画を高画質で鑑賞できるようになったのもポイントだ。ボディサイズは384(幅)×279(奥行き)×44.2〜47.2(高さ)ミリ、重量は約3.4キロで、バッテリー駆動時間は約1.2時間となる。

 ラインアップは、BD-Rメディア(1層)に4倍速、BD-R(2層)/BD-RE(1層/2層)メディアに2倍速で書き込めるBlu-ray Discドライブを搭載した上位機「LC950/RG」と、DVDスーパーマルチドライブを搭載した「LC900/RG」で構成され、ともにHDMI端子やギガビット対応の有線LANを備えるが、夏モデルで内蔵していた地上デジタル/アナログ対応TVチューナーやPCカードスロットが省かれている。

 OSは両モデルともWindows Vista Home Premium(SP1)で、オフィススイートのOffice Personal 2007(SP1)がプリインストール済みだ。発売は9月上旬で、実売価格はLC950/RGが25万円前後、LC900/RGが19万5000円前後の見込み。ほかのモデルと同様、直販の「NEC Direct」では仕様のカスタマイズが行え、CPUをCore 2 Duo T9600(2.8GHz/2次キャッシュ6Mバイト)に変更したり、メモリを4Gバイトに増量したり、OSをWindows Vista Ultimate(SP1)に変えたりできる。

ht_0809lc04.jpght_0809lc05.jpght_0809lc06.jpg ピッチ19ミリ、ストローク3ミリのキーボードを採用(写真=左)。パームレストには粒子をまぜて独特の肌触りを追求している。液晶ディスプレイのヒンジ下部に出力2.5ワット+2.5ワットのスピーカー(従来モデルは2ワット+2ワット)を内蔵する。底面のカバーを外すと2基のメモリスロットやHDDベイにアクセスできる(写真=中央)。液晶ディスプレイの天面は光沢感にあふれ、細かい格子状の模様がある(写真=右)

ht_0809lc07.jpght_0809lc08.jpg 前面には無線LANの電源スイッチとメモリカードスロットがある(写真=左)。背面は排気口、アナログRGB出力、HDMI、USB 2.0、有線LAN(ギガビット対応)端子が並ぶ(写真=右)

ht_0809lc09.jpght_0809lc10.jpg 左側面は3基のUSB 2.0(うち1基はパワーオフUSB充電機能対応)、マイク、ヘッドフォン、音量調節、ExpressCard/54、4ピンのIEEE1394端子が配置される(写真=左)。右側面はバッテリー(容量14.8ボルト 3570mAh)、光学ドライブ、USB 2.0端子がある(写真=右)

LaVie Cシリーズの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
LaVie C LC950/RG 2スピンドル フルモデルチェンジ Core 2 Duo P8400(2.26GHz) 2048MB 250GB Home Premium(SP1) 25万円前後
LC900/RG 2スピンドル フルモデルチェンジ Core 2 Duo P8400(2.26GHz) 2048MB 250GB Home Premium(SP1) 19万5000円前後
LaVie Cシリーズの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
LaVie C LC950/MG 16型ワイド 1366×768 Intel PM45 Blu-ray GeForce 9600M GS 約3.4キロ
LC900/MG 16型ワイド 1366×768 Intel PM45 2層対応DVDスーパーマルチ GeForce 9600M GS 約3.4キロ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう