ニュース
» 2009年01月29日 15時00分 UPDATE

2009年PC春モデル:最大メモリ容量が4Gバイトに──Let'snote W8発表

パナソニックは、1月29日にLet'snote Wの新製品「CF-W8」を発表した。価格はオープンで実売予想価格は24万5000円前後。

[ITmedia]
kn_letsw8_01.jpg Let'snote W8

 Let'snote W8では従来モデルと同様にCentrino 2が導入され、CPUには超低電圧版のCore 2 Duo SU9300(動作クロック1.2GHz)を搭載し、チップセットはIntel GS45 Expressを、無線LANモジュールはIntel Wireless WiFi Link 5100AGNを採用する。

 ボディデザインとサイズ、本体重量、搭載インタフェースの仕様も従来モデルとほぼ同じで、重さは約1.249キロ、バッテリー駆動時間は標準バッテリーパックで約11時間。なお、オプションで軽量バッテリーパックも用意される。春モデルではHDD容量が160Gバイトに増え、標準構成のメモリ容量もオンボード搭載分が2Gバイトとなった。メモリスロットが2Gバイトのモジュールに対応しているため、最大メモリ容量は4Gバイトまで実装できる。OSはWindows Vista Business Service Pack 1を導入しているが、Windows XP Professional(SP2)のダウングレード権も用意される。

 76センチ動作落下(底面のみ)、30センチ非動作落下(26方向)、100キロf加圧振動といった工場テストをクリアする堅牢性能や、全面防滴に対応するキーボードの搭載なども従来モデルと同様だ。

 Web販売専用のマイレッツ倶楽部モデルでは、プレミアムエディション以外でも「ジェットブラック」ボディが選択できるほか、基本スペックでも店頭モデルにないCore 2 Duo SU9400(1.4GHz)が選べる。ハイスペック仕様を構成でき、充実したサポートメニューを利用できるプレミアムエディションでは、HDD容量320GバイトとIntel Turbo Memoryを搭載するほか(ただし、CF-R8のプレミアムエディションで選べるSSD搭載モデルは用意されない)、これまでワイヤレスWANモデルでのみ搭載されていたBluetooth(Ver.2.0+EDR/Class1準拠)を内蔵する。

 なお、従来モデルで用意されたワイヤレスWANモデルは2009年春モデルでも従来モデルと同様に用意される。専用デザインのボンネット天板のそのままとなる。

Let'snote LIGHTシリーズの概要(その1)
シリーズ名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
Let'snote LIGHT CF-W8 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo SU9300(1.2GHz) 2048MB 160GB Business(SP1) 27万5000円前後
2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo SU9300(1.2GHz) 2048MB 160GB Business(SP1) 24万5000円前後

Let'snote LIGHTシリーズの概要(その2)
シリーズ名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU Office 2007 重量
Let'snote LIGHT CF-W8 12.1型 1024×768 Intel GS45 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約1.249キロ
12.1型 1024×768 Intel GS45 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約1.249キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう