ニュース
» 2009年03月03日 15時36分 UPDATE

オンキヨー、5時間駆動可能な10.1型ワイド液晶搭載ミニノート「DC101」

オンキヨーは、Atom搭載/10.1型ワイド液晶内蔵のミニノートPC「SOTEC DC101WP」「同 DC101BP」を発表した。

[ITmedia]

 オンキヨーは3月3日、Atom搭載/10.1型ワイド液晶内蔵のミニノートPC「SOTEC DC101WP」「SOTEC DC101BP」を発表、本日より受注を開始する(出荷予定日は3月12日より順次)。同社直販「SOTECダイレクトプラス」限定での販売で、価格は4万9800円から(税込み)。

photophoto SOTEC DC101WP(左)、SOTEC DC101BP(右)

 SOTEC DC101WP/同 DC101BPは、同社製ミニノートPC「SOTEC C1」のスペック強化モデルで、標準で長時間バッテリーを搭載。駆動時間は約5時間に延長されている。そのほか搭載HDDを160Gバイトに増強、無線LANもIEEE802.11b/g/n(ドラフト2.0)対応となっている。

 搭載CPUはAtom N270(1.6GHz)、メモリはDDR2 1Gバイト(最大2Gバイト)。そのほか130万画素Webカメラも搭載する。本体サイズは265(幅)×199(奥行き)×31(高さ)ミリ、重量は約1.38キロ。OSはWindows XP Home Edition(SP3)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.