ニュース
» 2009年03月19日 11時46分 UPDATE

ASUS、Core i7対応の“オーバークロッカー向け”microATXマザー「Rampage II GENE」

ASUSTeKは、“ゲーマー向け”シリーズ「R.O.G.」にエントリーされるハイエンド仕様のmicroATXマザー「Rampage II GENE」を発表した。

[ITmedia]

 ASUSTeKは3月19日、“ゲーマー向け”シリーズ「R.O.G.」にエントリーされるハイエンド仕様のmicroATXマザー「Rampage II GENE」を発表、本日より出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格は3万3000円前後。

photophoto Rampage II GENE

 Rampage II GENEは、チップセットとしてIntel X58+ICH10Rを採用したLGA1366対応のmicroATXマザーボードで、強力なマルチフェーズ電源回路を装備したハイスペックモデル。CPUとして8+2フェーズ電源回路を搭載したほか、チップセット向けに2フェーズIOH電源回路を、メモリ用に2フェーズメモリ電源回路を搭載しており、オーバークロック時などにも安定した電力供給が可能となっている。

 そのほか、オーバークロック向けの機能を多数搭載。CPU名を選択するだけで自動オーバークロックを行える「CPU Level Up」や、メモリ規格を選択することでメモリのオーバークロック設定ができる「Memory Level Up」を装備したほか、POSTの進行状況をチェックできる液晶デバイス「LCD Poster」も付属している。

 メモリスロットはDDR3スロット6本を装備(DDR3-2000/1800/1600にはオーバークロックで独自対応)、最大24Gバイトを搭載可能。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×2、PCI 2.0 x4×1、PCI×1で、CrossFire X/SLIに対応した。また、サウンド出力用として、8チャンネルHDオーディオ出力対応のオーディオチップ「SupremeFX X-Fi」をオンボード搭載している。

バックパネルインタフェースはUSB 2.0×6、IEEE1394a×1、eSATA×1、ギガビット対応LAN×1、PS/2(キーボード用)×1、およびCMOSリセットスイッチなどを備えた。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう