ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

「X-Fi」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「X-Fi」に関する情報が集まったページです。

古田雄介のアキバPickUp!:
コスパに優れた売れ筋モデル! H270ゲーミングにみる最新トレンド
H270ゲーミングマザーを各社で並べると、最新の自作トレンドが見えてくる。たわまない&熱くならないが一番。(2017/1/23)

Pascalでさらに進化:
ノートでゲームするならGTX 1070搭載モデルに注目!! 「NEXTGEAR-NOTE i5720」実力検証
Pascal世代のGPUでは電力効率が大幅にアップし、型番末尾に「M」がつかなくなったノートPC向けGPUは進化が強烈だ。GeForce GTX 1070を搭載したNEXTGEAR i5720の実力をチェックしよう。(2016/12/16)

限定特典付き:
持ち運べる本格派ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i4600PA1-PCU」(PCUSERコラボモデル)徹底レビュー
メーカーコラボ企画 第一弾として、マウスコンピューターのG-TuneブランドからPCUSERコラボモデルが登場。14型ボディーに高性能を詰め込んだコンパクトゲーミングノートだ。(2016/7/12)

Adobe RGBカバー率100%の4K液晶を搭載! プロクリエイター待望の大画面ノートPC「DAIV-NG7600」シリーズ
マウスコンピューターがDAIVブランドで展開する「DAIV-NG7600」シリーズは、デスクトップ並の性能を誇るクリエイター/エンジニア向けモデルだ。(2016/7/5)

GTX 970Mを固定利用可能:
性能と価格のバランスが光る快適ゲーミングノート「G-GEAR note N1583J」徹底レビュー
ゲーミングPCブランド「G-GEAR」に加わった新鋭機「G-GEAR note N1583J」シリーズは、最新クアッドコアCPUとGeForce GTX 970Mを搭載しつつ、快適なゲームプレイを期待するユーザー視点に立ったバランスのよい1台だ。(2016/5/19)

ついにG-Tuneにも登場!:
デスクトップ版CPU&GPUを積んだ爆速ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i71000」を徹底分析
G-Tuneに加わった「NEXTGEAR-NOTE i71000」シリーズは、ノートPCでありながらデスクトップ用のCPUとGPUを搭載した実にユニークな製品だ。その爆速性能を見ていこう。(2016/4/5)

デスクトップ版CPUとGTX 980M SLIを搭載:
50万円を軽く超えるモンスター級ノート「NEXTGEAR-NOTE i71101」徹底検証
最上級のモバイル向けGPUをSLIで搭載し、さらにデスクトップ向けCPUと最新世代のM.2 SSDをRAID 0で組んだゲーミングノートPCがマウスコンピューターから登場。速すぎィ!(2016/3/2)

Skylake-H×GTX 970M×GPU Switch:
GTX 970Mの性能をフルに生かせるハイパワーマシン「mBook P」実力検証
マウスコンピューターブランドの製品ながらG-Tuneに匹敵する性能を持つ15.6型ノートが「mBook P」シリーズの最上位モデル「MB-P960X2-M64」だ。ゲームもクリエイティブユースも死角なし!(2016/1/8)

「Skylake-H」×「GTX 970M」:
「GPU Switch」で外部GPUを固定利用! 高速ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5710」実力検証
最新CPUと高性能GPUを搭載し、超高速SSDを搭載。さらに外付けグラフィックスを固定で利用できる機能により常にハイパフォーマンスを発揮できるゲーミングノートPCがG-Tuneに登場。速いぞ!(2015/11/25)

デスクトップ向け最強CPUを搭載:
“規格外”の超モンスター級ノート「NEXTGEAR-NOTE i5702GA1」徹底検証
G-Tuneに加わった「NEXTGEAR-NOTE i5702」シリーズは、15.6型ボディにデスクトップ向けCPUと高性能GPUを詰め込んだゲーミングノートPCだ。その実力は?(2015/3/17)

最強GPUと4Kディスプレイ、M.2 SSDが夢の共演:
豪華すぎるゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5900PA1」徹底検証
最強GPUとクアッドコアCPUをスリムボディに詰め込み、PCI Express接続の最新M.2 SSDを採用、さらにIGZOの4Kディスプレイも搭載したゲーミングノートPCが「G-Tune」ブランドの「GeForce GTX 980M」だ。こいつは速いぞ!(2015/3/3)

さすがの“Maxwell”パワー:
最新GPUを搭載してパワーアップした「G-GEAR note N1582J」を試す
パワフルなゲーミングノートPCとして高い評価を受けた「N1581J」の後継が登場。新世代GPUの採用で期待を裏切らない性能を発揮できるか? (2014/11/21)

私の価格は65万円です:
まさに“ぼくのかんがえた、さいきょうのノートPC”――「NEXTGEAR-NOTE i1110PA1-SP3」がすごすぎる
最高のCPUを搭載し、最高のGPUを2基内蔵。そして1TバイトSSDを4発積んで超高速なRAID 0システムを構築――そしてお値段65万円。マウスコンピューターさん何考えてるの……。(2014/6/21)

クリエイティブ、「Sound Blaster X-Fi Go! Pro」を新パッケージにリニューアル
クリエイティブメディアは、同社製USBオーディオアダプタ「Sound Blaster X-Fi Go! Pro」をリニューアル、ヘッドセット用変換ケーブルを付属した新パッケージで発売する。(2013/8/21)

Haswell+GeForce GTX 780M×2:
大きく、ぶ厚く、重く、そしてファンもガンガン回る……しかし性能は圧倒的だ!! 究極のゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i1100」
PCゲーマー向けブランド「G-Tune」から、第4世代Coreとハイエンドモバイル向けGPUを2基搭載したモンスター級ノートPC「NEXTGEAR-NOTE i1100」が登場した。高い!けど、欲しい!(2013/7/12)

G-Tune、GeForce GTX 780M×2基を搭載したハイエンドゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i1100」
マウスコンピューターは、同社製ゲーミングノートPCのラインアップにGeForce GTX 780M×2基のSLI構成を導入したハイエンドモデルを追加した。(2013/6/19)

クリエイティブ、同社製サウンドカード「PCIe Sound Blaster ZxR」など6製品が“新生FF XIV”推奨認定を獲得
クリエイティブメディアは、同社製サウンドカード/スピーカーなど計6製品が、オンラインRPG「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」推奨製品として認定されたと発表した。(2013/6/17)

第4世代Core+GTX 780M:
“初物”づくしの最新ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i980BA1」を駆る
“Haswell”が解禁され、各社から第4世代Core搭載PCが一挙に登場した。ゲーミングブランド「G-Tune」も、最新モバイル向けGPUを組み合わせた怪物級ノートPCをいち早く投入したぞ!!(2013/6/5)

CeBIT 2012:
戦力拡大! “X79”マザーボード図鑑
未発表マザーボードの展示で吹き荒れるCeBIT 2012。注目はIntel 7 シリーズ搭載モデルだけじゃない。製品が増えたX79マザーも大変なことになっているのだ。(2012/3/13)

イマドキのイタモノ:
Big BangがX79を載せるとこうなった──MSI「Big Bang-XPower II」の機能を総ざらい
MSIが“X79 マザー”のハイエンドモデルとして投入する「Big Bang-XPower II」は、戦闘的なデザインもさることながら、その機能も攻撃的だ。その全貌に迫る。(2012/1/30)

多機能bluetooth対応オーディオ「Creative ZEN X-Fi3」11月発売
Bluetooth対応、高音質化技術「X-Fiテクノロジ」、FMチューナー、マイク、動画再生など、さまざまな機能がてんこ盛りのプレイヤーが、11月に発売される。(2011/10/27)

Bluetooth内蔵:
クリエイティブ、apt-X対応の「Creative ZEN X-Fi3」
クリエイティブメディアは、携帯用音楽プレーヤーの新製品「Creative ZEN X-Fi3」を11月上旬から順次発売する。(2011/10/26)

クリエイティブ、「ZiiO」7インチモデルの新ファームウェアを公開
クリエイティブメディアは、オーディオ再生を重視したAndrooidタブレット「Creative ZiiOシリーズ」7インチモデルの新しいファームウェアを公開した。(2011/9/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これでAMDが巻き返すかも」――評判上々の「Llano」がデビュー!
「面白いけど微妙」「微妙だけど個人的に好き」など、アキバでは“ちょっと抜けているけどいい奴”キャラで語られることが多い(ような気がする)AMDだが、先週登場したGPU内蔵CPU「Llano」の評価は今までと違うようだ。(2011/7/4)

どれだけスゴイか:
最強クラスのサウンドカード「SE-300PCIE」をピュアオーディオ目線でチェックする
PCパーツとして最高クラスのスペックを備えたサウンドカード「SE-300PCIE」が登場。その音は“ピュアオーディオ”として聴いても納得できるか。オーディオライターが、オーディオ目線でチェックする。(2011/6/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
大型連休のアキバは、街も新製品もユニーク!
大型連休に突入したアキバは、新店舗のオープンなど複合的な要素から例年以上の盛り上がりが期待される。直前に登場した新製品もユニークなモデルが注目を集めていた。(2011/5/2)

クリエイティブ、「ZiiO」10インチモデルの最新ファームウェアをリリース
クリエイティブメディアは、「Creative ZiiO 10インチ」のAndroid OSを「2.2」にアップデートするファームウェア「2.00.07-FROYO」を公開した。(2011/4/19)

S/N比120デシベルを実現:
オンキヨー、“PC最高クラス”のハイエンドサウンドカード「WAVIO SE-300PCIE」
オンキヨーが、3年ぶりのハイエンドサウンドカード「SE-300PCIE」を発表。ハイエンド自作PCユーザーやゲームユーザー、HTPC/PCオーディオユーザーに向けた“最高品質クラスのサウンドカード”という。価格は3万4800円前後。(2011/4/8)

クリエイティブ、「ZiiO」7インチモデルをAndroid 2.2にするファームウェアを提供
クリエイティブメディアは、オーディオ再生にフォーカスしたAndroidタブレット「Creative ZiiO 7インチ」の新しいファームウェアをリリースした。(2011/3/28)

ギガバイトショールームがミリタリー一色に:
日本ギガバイト、「G1-Killer」シリーズマザーボード発表会
日本ギガバイトは、「G1-Killer」シリーズマザーボードの製品発表会を開催した。同社が初めてゲーマーに絞り込んで投入するマザーボードだ。で、なんで軍隊?(2011/3/4)

けっこう遊べる:
オーディオに特化したAndroidタブレット「ZiiO」を試す
クリエイティブメディアの“ZiiO”(ジーオ)は、オーディオに特化したユニークなAndroidタブレットだ。Bluetooth内蔵のスピーカーやヘッドフォンと組み合わせて手軽なワイヤレスオーディオ環境を構築できる。(2011/2/4)

イマドキのイタモノ:
グラフと写真で振り返る2010年のマザーボード
2010年の“イマイタ”レビューに登場したマザーボードは9モデル。その性能と仕様の進化をベンチマークテストのグラフと製品画像で振り返る。(2010/12/31)

Android搭載のタブレット型AVプレーヤー
クリエイティブメディアは、エンターテインメントを重視したタブレット型オーディオ・ビジュアル・プレーヤー「Creative ZiiO」を発売する。(2010/12/7)

PCから手軽にサラウンド:
24bit/96kHz、5.1chの高音質USBオーディオ
クリエイティブメディアは、最大24bit/96kHz、5.1chマルチチャンネル出力に対応した外付けUSBオーディオ「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro」を発売する。(2010/11/22)

クリエイティブ、実売約7000円の外付けUSBサウンドアダプタ
クリエイティブメディアは、5.1ch出力対応の外付けUSBサウンドアダプタ「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro」を発売する。(2010/11/22)

オンキヨー、「タワー オブ アイオン」推奨のミニタワーゲーミングPC
オンキヨーは、オンラインRPG「タワー オブ アイオン」動作推奨モデルとなるミニタワー型デスクトップPCを発売する。(2010/10/22)

Core i7-980X EE/HD 5970/24Gバイトメモリ:
デルの旗艦デスクトップはどこまで速いか?――「Studio XPS 9100」を試す
デルの「Studio XPS 9100」は、最上位のCPUやGPUを搭載でき、USB 3.0にも対応したデスクトップPCのフラッグシップモデルだ。今回はゼイタクな構成でテストした。(2010/9/14)

AMDの6コア×HD 5870:
速いし安い“サクサク”ミニタワー「Studio XPS 7100」を試す
デルの「Studio XPS 7100」は、6コアCPUのPhenom II X6 1055TとATI Radeon HD 5870を選択しても12万円台におさまる高いコストパフォーマンスが魅力だ。で、FF14はプレイできるの?(2010/7/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「今は3Dが熱いです!」――アキバで見られるデモ事情
PCパーツショップの店頭には、RadeonとGeForceを同居させた難易度の高いマシンや、12コアのCPUを搭載した豪勢なマシンが当然のように並んでいる。その中で今、最も注目度が高いのは立体視対応のデモ機だ。(2010/5/31)

イマドキのイタモノ:
「Crosshair IV Formula」でAMD 890FXの実力を知る
AMDから「Phenom II X6」と同時に発表された「AMD 890FX」チップセット。その機能と性能をASUSのハイエンドマザーボードでチェックする。(2010/5/21)

クリエイティブ、PCI Express接続対応の高品位サウンドカード「Sound Blaster X-Fi Titanium HD」
クリエイティブメディアは、PCI Express x1接続に対応したサウンドカード「PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium HD」を発売する。(2010/4/27)

クリエイティブメディア、「ZEN」にコスト重視モデル「X-Fi Style」を追加
クリエイティブメディアは、ポータブルメディアプレーヤー「ZEN」シリーズにコストパフォーマンスを重視した「Creative ZEN X-Fi Style」を追加した。(2010/4/13)

Sound Blaster X-Fi Go!にウイルス混入の可能性
クリエイティブメディアは、「Sound Blaster X-Fi Go!」内蔵の1Gバイトフラッシュメモリにウイルスが混入している可能性があると発表した。(2009/12/8)

クリエイティブ、「ZEN X-Fi2」用最新ファームウェアを公開
クリエイティブメディアは、メディアプレーヤー「Creative ZEN X-Fi2」用の新ファームウェアを公開した。(2009/11/30)

HDMIも標準で装備:
4万円台でマルチコアCPU搭載PCが買える!!──デル「Inspiron 546」を試す
デルの「Inspiron 546」は、AMDプラットフォームを採用することで、5万円を切る価格帯ながら性能と拡張性のバランスが取れた1台に仕上がっている。(2009/10/9)

イマドキのイタモノ:
Lynnfieldで使えるR.O.G.マザー!──「Maximus III Formula」の新機能で遊ぶ
Lynnfieldの発表と同時に、ASUSのオーバークロッカー向け“R.O.G,”シリーズにもIntel P55 Express搭載モデルが加わった。その注目の新機能を紹介しよう。(2009/9/28)

クリエイティブメディア、タッチパネル搭載の「ZEN」最上位機種
クリエイティブメディアは、シリーズ最上位となるポータブルメディアプレーヤー「CREATIVE ZEN X-Fi2」を発売する。3型タッチパネル液晶を搭載したほか、FLAC再生などにも対応した。(2009/9/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
モバイルWiMAX端末の販売がスタート――アキバの反応は?
モバイルWiMAXを採用した高速なワイヤレス通信サービスがスタートし、複数のショップで対応端末の販売が行われている。大々的に売り出すショップもあるが、果たしてユーザーの反応は?(2009/7/6)

個性的なXPSデザインが復活!――デル「Studio XPS 435」
XPS 700シリーズの前傾姿勢は衝撃的だったが、最近のXPSやStudio XPSは行儀がよすぎて物足りない……、と思っていたら、なんとも新鮮なStudio XPSが登場した。(2009/5/25)

MSI、nForce 200チップセットを追加した高機能X58マザー「Eclipse Plus」
エムエスアイコンピュータージャパンは、チップセット構成をIntel X58+ICH10R+nForce 200としたハイスペックATXマザーボード「Eclipse Plus」を発表した。(2009/5/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。