ニュース
» 2009年10月28日 16時30分 UPDATE

キヤノン、4万3800円で毎分30枚出力のSOHO向けA4モノクロレーザー「Satera LBP6300」

キヤノンは、SOHO向けのA4モノクロレーザープリンタ「Satera LBP6300」を2010年1月下旬に発売する。毎分30枚の高速印刷に対応した。

[ITmedia]
photo Satera LBP6300

 キヤノンは10月28日、SOHO向けのA4モノクロレーザープリンタ「Satera LBP6300」を発表、2010年1月下旬より販売を開始する。価格は4万3800円。

 A4モノクロ印刷に対応したレーザープリンタで、高速出力が可能な新開発のプリントエンジンを採用。2008年1月に発売された従来機種「LBP3310」の毎分26枚を上回る毎分30枚の高速印刷を実現した(いずれもA4タテ)。また、ファーストプリント時間も6.5秒から6秒に短縮している。電源オンから印刷が可能になるまでのウォームアップ時間は10秒以下だ。

 新たにネットワーク機能も装備し、インタフェースはUSB 2.0に加えて100BASE-TXの有線LAN接続も標準でサポートした。排紙トレイが満載になったり、トナーの交換時期が近づいた場合に自動的に通知する機能も持つ。

 自動両面印刷機能も搭載。両面印刷の速度は毎分16ページとなる(A4タテ)。給紙枚数は標準で250枚(カセット)+50枚(手差し)に対応し、さらに500枚の給紙を追加できるオプションのペーパーフィーダーにより、最大800枚まで拡張可能だ。カートリッジはトナー/ドラム一体型を採用する。

 本体サイズは400(幅)×376(奥行き)×260(高さ)ミリ、重量は約11キロ。ページ記述言語にはCAPT(Canon Advanced Printing Technology)を採用する。対応OSはWindows 2000/XP/Vista/7、Windows Server 2003/2008だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう