ニュース
» 2010年02月04日 14時01分 UPDATE

AMD、バリュークラスの5000シリーズ「Radeon HD 5450」発表

AMDは2月4日に、Radeon HD 5000シリーズのバリュークラス「Radeon HD 5450」を発表した。搭載グラフィックスカードの実売予想価格は8000円以下の予定。

[ITmedia]

 Radeon HD 5450は、すでに登場しているRadeon HD 5000シリーズのバリュークラスに位置するモデルだ。このGPUを搭載するグラフィクスカードも同時に発表されるが、その実売価格は7000円半ばから8000円以下が多い。価格帯はバリュークラスだが、Radeon HD 5000シリーズの上位モデルと同様に、DirectX 11への対応やATI Streamのサポートなど、ほぼ同じ機能を有する。ほかの5000シリーズと同様に、40ナノメートルプロセスルールを採用しており、構成トランジスタ数は2億9200万個になる。

kn_rd5450_01.jpgkn_rd5450_02.jpg AMDが示したRadeon HD 5450搭載リファレンスカード。インタフェースにDVI、アナログRGB、そしてHDMIが確認できる(写真=左)。ロープロファイルのリファレンスカードはファンレスクーラーを採用する(写真=右)

 コアクロックは650MHz、メモリクロックは800MHzで、内蔵する統合型シェーダユニット(ストリームプロセッサ)は80個。また、8基のテクスチャーユニットと4基のROPsユニットも備える。対応するグラフィックスメモリはDDR3、もしくはDDR2で、メモリバス幅は64ビットだ。

 消費電力はアイドル時で6.4ワット、最大で19.1ワット。Radeon HD 5450を搭載したリファレンスデザインカードのクーラーユニットはヒートシンクのみのファンレス構造を採用する。

 AMDの資料によると、Radeon HD 5450で測定したベンチマークテストの結果は、3DMark Vantage OverrallでP1362(Radeon HD 4350でP864.483)、多くのゲームタイトルベンチマークテストでRadeon HD 4350の1.3倍に達したとしている。

kn_rd5450_03.jpgkn_rd5450_04.jpg AMDが資料で示したRadeon HD 5450の内部構成(写真=左)と市販ゲームで測定したベンチマークテストの結果(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう