ニュース
» 2010年04月13日 15時42分 UPDATE

エプソン、同社製スリムPCに発煙/発火の恐れ――約11万5000台が対象

エプソンダイレクトは、2001年12月〜2004年1月に販売されたスリムデスクトップPC計6機種の電源部に発煙/発火の恐れがあると発表、無償点検と修理を実施する。

[ITmedia]
photo Endeavor AT-900C/920C/930C

 エプソンダイレクトは4月13日、同社製スリムデスクトップPC計6機種に発煙/発火の恐れがあると発表した。

 該当する製品は、2001年12月から2004年1月に販売された“EPSON Office”シリーズ計3機種「EPSON Type-SZ」「同-BA」「同-BD」、および“Endeavor AT”シリーズ計3機種「Endeavor AT-900C」「同920C」「同930C」の計6機種、合計11万5326台。これらの製品は、電源ユニット内部の接続コネクタ部にごくまれにトラッキング現象が発生する場合があり、その結果として発煙と発火を伴う事故を引き起こす可能性がある、としている。

 同社では、対象製品の無償点検と修理の実施を発表。対策を施した電源ユニットへの交換が行われる。点検/修理の申し込みは、同社Webページの特別対応窓口、および電話/ファクスにより申し込みが可能だ。

 詳細についてはこちらを参照のこと。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.