レビュー
» 2010年04月28日 19時30分 UPDATE

パワフルで“シック”なゲーミングPC──MSI「GT640」で遊ぶ (1/2)

MSIのノートPCで「ロングセラーラインアップ」なのが、ゲームユーザーを意識した「GT」シリーズ。16万円台クアッドコアCPU搭載モデルの実力をチェックした。

[長浜和也,ITmedia]

実売価格16万円台で“Clarksfield”クアッドコアCPUを搭載

kn_gt640_01.jpg 15.4型ワイド液晶ディスプレイとCore i7-720QMを搭載しながら実売価格が16万円台の「GT640」

 Wind NetbookシリーズやX-Slimシリーズが目立つMSIのノートPCだが、MSIのゲーミングノートPCラインアップ「GT」シリーズは、日本市場に投入されてから意外と長い。日本市場におけるMSIノートPCの「尖兵」となって長期にわたってがんばっており、グラフィックス性能に優れたノートPCを望むユーザーから注目されている。また、海外、特に欧州では「ゲーミングノートPCの王道」として広く認知されている。

 2010年3月にドイツで行われたCeBIT 2010で、MSIが最も力を入れてアピールしていたのも、GTシリーズの最新モデル「GT660」だった。「DYNAUDIO」ブランドと提携して迫力あるサウンドの再現に力を入れるだけでなく、CPUに“Clarksfield”世代のモバイル向けCore i7を採用し、メモリを最大で12Gバイト搭載するなど、強力なスペックで注目を集めたGT660は、2010年に登場する予定とされているが、その“超ハイエンドモデル”に先んじて日本市場に登場したのが今回紹介する「GT640」だ。

 16万9800円と20万円を大きく下回る実売価格ながら、1680×1050ドットを表示できる15.4型ワイド液晶ディスプレイを装備するだけでなく、CPUには“GT660”で搭載する予定の“Clarksfield”世代のクアッドコアモデル「Core i7-720QM」を採用し、GPUも外付けのGeForce GTS 250Mを備えるなど、ハイエンドモデルに負けないスペックで構成する。

 Core i7-720QMの動作クロックは定格動作で1.6GHzだが、Intel Turbo Boost Technologyに対応するため、システムの状態と動作するコアの数によって、最高で2.8GHzまでクロックがアップする。また、Hyper-Threding Technologyにも対応するので、クアッドコア構成で最高8スレッドの同時処理も可能になる。

 外付けGPUのGeForce GTS 250Mは、NVIDIAのノートPC向けGPUのポジショニングでGeForce GTS 260Mとともに「HIGH PERFORMANCE」に位置するモデルで、96基の統合型シェーダユニットを内蔵するほか、GT640ではコアクロックが450MHz、シェーダユニットクロックが1080MHz、メモリバスクロックが790MHzに設定され、グラフィックスメモリとしてDDR3を1Gバイト搭載する。

 DirectX 10.1、シェーダモデル4.0をサポートする。また、CUDAにも対応するので、GPUコンピューティングに対応したアプリケーションを利用すればエンコードやトランスコードの高速処理などが可能になる。

kn_gt640_09.jpgkn_gt640_10.jpg 標準で6セルバッテリーを搭載する。バッテリー駆動時間は約1.55時間。ACアダプタのサイズは実測で150(幅)×62(奥行き)×35(厚さ)ミリ、重さは実測で約560グラムだった(写真=左)。CPUには“Clarksfield”クアッドコアのCore i7-720QMを搭載し、外付けのGPUとしてGeForce GTS 250も組み込むため、GT640には強力な冷却ユニットを採用している(写真=右)

kn_gt640_11.jpgkn_gt640_12.jpgkn_gt640_13.jpg GT640に搭載されたCore i7-720QMとメモリの情報をCPU-Z 1.54で確認する(写真=左、中央)。同じく、GeForce GTS 250Mの情報をGPU-Z 0.4.2で確認する(写真=右)

 本体のインタフェースは、2基のUSB 2.0にeSATA、4in1カードリーダー(SDメモリーカード、MMC、メモリースティック、xDピクチャーカード)、IEEE1394、1000BASE-T対応有線LAN、FAXモデムが用意されるほか、無線接続として、IEEE802.11a/b/g/nとBluetooth 2.1+EDRが利用可能だ。また、映像出力にアナログRGBとHDMIを備える。

kn_gt640_05.jpgkn_gt640_06.jpg GT640の前面(写真=左)と背面(写真=右)。アナログRGBとHDMIといった映像出力系は背面に配置される

kn_gt640_07.jpgkn_gt640_08.jpg GT640の左側面(写真=左)と右側面(写真=右)。左側面にはDVDスーパーマルチドライブも搭載する。

kn_gt640_14.jpgkn_gt640_15.jpgkn_gt640_16.jpgkn_gt640_17.jpg 評価で用いたGT640の構成をデバイスマネージャーで確認する。なお、評価用試用機であるため、製品版とは構成が異なる場合があるので注意していただきたい

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう