ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dynaudio」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dynaudio」に関する情報が集まったページです。

ドイツから来た“職人” VW「ゴルフ」に質感と安全性を高めた「マイスター」グレードが追加
現行ゴルフの魅力を凝縮した集大成仕様。(2019/6/5)

PR:お願いサンタさん! 極上ゲーミングPCを格安で売ってくれ!
クリスマスになると“クリスマス中止”などのニュースに目が行きがちな同志諸君こんにちは。自分へのクリスマスプレゼントを自分で購入するしかない、そんな人のために、高性能ゲーミングノートPCを読者限定の4万円引きで用意してもらったぞ。(2017/12/14)

Kaby Lake世代の爆速ゲーミングノート「GT62VR 7RE Dominator Pro」実力検証
ここ数世代でグッとパフォーマンスを向上させてきたゲーミングノートPC。MSIの「GT62VR 7RE Dominator Pro」は、そうしたカテゴリの中でも性能だけでなく、ゲームを楽しむための周辺スペックにもフォーカスした製品だ。(2017/1/6)

サイコム、Skylake×GTX 960M搭載15.6型ゲーミングPC「GE62 6QD-092JP」
サイコムがMSI製ゲーミングノート「GE62 6QD-092JP」の取り扱いを発表、販売を開始した。12月31日までに購入するとゲーミングクリスマスパックがついてくる。(2015/12/17)

世界で50台だけのスペシャルモデル:
余裕の50万円超え!? アキバの達人が認める最強ゲーミングノートはコレだ!!
世界にわずか50台。デスクトップPCを超える性能を備えた爆速ノートがMSIから登場し、PCゲーマーの注目を集めている。国内販売を手がけるアキバの老舗ショップ、パソコンSHOPアークの浦田氏にその魅力を聞いた。(2015/11/29)

MSI、“GeForce GTX 960M”などNVIDIA最新GPU搭載のゲーミングノート15モデル発表。
「GE62」「GE72」が新開発のボディを採用してデザインと内部構造を一新。冷却機能も拡張した。(2015/3/12)

スペック以外もゲーマー仕様:
最新ゲームもバリバリこなす高性能ゲーミングノートPC「MSI GT70 2OC-211JP」の実力
サイコムが販売する「MSI GT70 2OC-211JP」は、最新世代のCPUとGPUを採用することで、高負荷な最新3Dゲームもこなせる17.3型のぜいたくなノートPCだ。(2013/7/17)

48kHz/16bitを非圧縮で:
高級スピーカーメーカーが作ったワイヤレス、ディナウディオ「Xeo」が秋に登場
DYNAUDIO(ディナウディオ)が、今秋発売予定のワイヤレススピーカー「Xeo」(シオ)を公開した。「世界初のハイエンド・ワイヤレス・スピーカー・システム」をうたう意欲作だ。(2012/6/21)

MSI、“Sandy Bridge”採用の「G」ノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、ゲーミングノートPCの新モデルを発表した。「DYNAUDIO」を継承してCPUに“Sandy Bridge”世代を導入した。(2011/4/8)

2011 International CES:
MSIが公開した“Sandy Bridge”“Fusion”なノートPCと“Android”なWindPad
2011 CESのPC的なキーワードは「Sandy Bridge」「Fusion」、そして「Android」なタブレットだ。MSIのブースでもそれらの未発表モデルが多数登場した。(2011/1/13)

この週末は天気がいいらしい:
有楽町でMSIに会いましょう
この週末、MSIはノートPCや液晶一体型PCの体験イベントをやってきます。あ、くれぐれも間違って秋葉原に行かないでね!(2010/9/18)

“T”だけなんですね:
MSI、GT660Rが“The Tower of AION”推奨ノートPCに
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社のノートPC「GT660R」が、ゲームタイトル「The Tower of AION」の推奨ノートPCに認定されたと発表した。(2010/9/1)

MSI、日本市場向けの新製品を“スタイリッシュ”に訴求する発表会
エムエスアイコンピュータージャパンは、日本市場向けの新製品として、立体視対応液晶一体型PCやスタイリッシュなNetbookなど、5モデルを発表した。(2010/8/25)

MSIの「GT660R」「GX660R」を「LOST PLANET 2」で発表直後に遊んでみた
MSIが2010年に「最重要!」と力を入れるゲーミングPC。そのフラッグシップマシンが日本に登場。期待の実力を最新ゲームベンチマークテストで試してみた。(2010/8/24)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIブースで「Sketch Bookのコンセプト」を知る
COMPUTEX TAIPEI 2010が開幕して展示ブースも公開された。MSIブースで確認した「Sketch Book」続報と「GUS」の詳細、「3DMark 11」世界初デモを紹介する。(2010/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIがタブレットPC「Wind Pad」やコンセプトモデル「Sketch Book」などを公開
COMPUTEX TAIPEI 2010は6月1日から始まる、が、前日から多数の事前発表会が行われた。MSIは、タブレットPCや立体視PCのほか、ユニークなコンセプトも披露した。(2010/6/1)

PR:正攻法で勝負をかけるMSIイチオシ「GT660」を世界最速でチェックする!
CeBIT 2010で華々しく登場した「GT660」は、強力なスペックと「DYNAUDIO」監修のサウンド環境が注目を集めている。COMPUTEX TAIPEI 2010でも主役となるフラッグシップノートを、世界最速で紹介しよう。(2010/5/31)

パワフルで“シック”なゲーミングPC──MSI「GT640」で遊ぶ
MSIのノートPCで「ロングセラーラインアップ」なのが、ゲームユーザーを意識した「GT」シリーズ。16万円台クアッドコアCPU搭載モデルの実力をチェックした。(2010/4/28)

CeBIT 2010:
「大事なのはゲーム?サウンド?」──MSI“DYNAUDIO”ハイエンドノートPCの真意
MSIが「2010年イチオシ!」のハイエンドノートPC「GT660」は日本市場でも登場する予定だ。ここでは、その細部をデバイスマネージャーでチェックする。(2010/3/5)

CeBIT 2010:
MSIの「効能首選 影音極致」な次世代モデルが“ずらり”と並ぶ
CeBIT 2010はまだ始まらない。だが、一部のメーカーではすでにカンファレンスが始まっている。PCベンダーのMSIも「開幕前日」に展示ブースを関係者に公開した。(2010/3/2)

ハイエンドショウで見つけた“大人限定”真空管オーディオ
ハイエンドショウというと“価格もハイエンド”というイメージを抱きがちだが、ハードルを下げて手ごろな製品を紹介しようとする動きもある。真空管オーディオシステム「SONOPRESSO」がいい例だ。(2009/5/24)

+D Style News:
VW、パサート ヴァリアントとイオスに新グレード“インディビジュアル”
VWが、上質感を追求した新グレード“インディビジュアル”を「パサート ヴァリアント」「イオス」の2モデルに設定した。(2009/2/3)

+D Style News:
VW、同社初の“4ドアクーペ”「パサートCC」発売
4ドアサルーンでありながら、クーペのようなフォルムを持つ「パサートCC」。“CC”はクーペカブリオレではなく、“コンフォート・クーペ”の意味だ。(2008/11/20)

ディナウディオ、「Excite」「FOCUS」シリーズを一部値下げ
ディナウディオが「Excite」「FOCUS」シリーズ製品の一部値下げを発表した。新価格は12月1日より適用される。(2008/11/18)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
ステレオの復活、HDオーディオの充実
映像はハイビジョン全盛だが、オーディオは市場としてみると活況とは言えない。しかし、新たな潮流は既に生み出されている。新潮流を読み解く2つのキーワードを麻倉氏が解説する。(2008/8/8)

+D Style News:
“iPodを楽しみきる”特別限定車――ボルボ「with iPod」モデル登場
ドライブでiPodを最大限に楽しむための特別装備を搭載したボルボ「C30/S40/V50 with iPod」が登場。最高峰オーディオシステムに加え、専用インタフェースで操作も簡単。(2007/11/14)

デスクトップに香る北欧サウンド――Dynaudio「MC15」
デンマークのスピーカーメーカー、ディナウディオが初投入するマルチメディアスピーカーが「MC15」。卓上でも利用できるサイズだが、紛れもなく“ピュア”なサウンドを奏でてくれる。(2007/8/7)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
オーディオの楽しみを再び
これまで「音が聞こえればいい」と思っていた人が、趣味として、音楽を積極的に楽しみたいと考え始めている。ただ、オーディオの世界は広く深く、お手軽とは言い難い側面もある。デジタルメディア評論家・麻倉氏にナビゲートしてもらおう。(2007/7/2)

+D Style News:
“最高にクール”なボルボのコンパクト2ドアクーペ「Volvo C30」
ボルボ・カーズ・ジャパンは2ドアコンパクトクーペ「Volvo C30」を発売する。重厚な「VOLVO」のイメージを覆すような軽快さを持つ、“最もコンパクトで、最高にクール”なボルボ。(2007/6/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。