ニュース
» 2010年10月08日 12時17分 UPDATE

ASUS、GPU混在対応の“HYDRA”搭載のAM3対応E-ATXマザー「Crosshair IV Extreme」

ASUSTeKは、AMD 890FXチップセットを採用したAM3対応E-ATXマザーボード「Crosshair IV Extreme」を発売する。

[ITmedia]
photo Crosshair IV Extreme

 ASUSTeKは10月8日、AMD 890FXチップセットを採用したAM3対応E-ATXマザーボード「Crosshair IV Extreme」を発表、本日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は3万9000円前後だ。

 Crosshair IV Extremeは、チップセットにAMD 890FX+SB850を用いたE-ATX対応のハイエンドマザーボードで、AMD/NVIDIA製GPUの混在を可能とする「HYDRA engine」を搭載したモデルだ。また、ハードウェアベースでの外部オーバークロック機能を搭載、外部PCからUSB接続でオーバークロック制御をできる「ROG Connect」、およびiPhone/iPad/iPod touchなどで“ROG Connect”相当の機能を実現できる「ROG iDirect」機能も搭載した。

 メモリスロットはDDR3スロット4本を搭載(最大16Gバイト)。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×5、PCI×1を備え、HYDRAによるGPU混在/CrossFire Xをサポートする(ともに最大4基までのGPUに対応)。

 ほか、Bluetooth 2.1+EDR、USB 3.0×2、IEEE1394a×2なども利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう