ニュース
» 2011年01月07日 13時38分 UPDATE

ASRock、“Sandy Bridge”対応マザー7製品を発表――LGA1156対応の「変態」マザーも

ユニスターは、台湾ASRock製となるIntel P67/H67採用マザーボード計8製品の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 ユニスターは1月7日、台湾ASRock製となるIntel P67/H67採用マザーボード計8製品の取り扱いを発表、1月9日より販売を開始する。

photophotophotophoto 左から順にFatal1ty P67 Professional、P67 Extreme6、P67 Extreme4、P67 Pro3

 Intel P67チップセット採用モデルは、ATXマザーボード計4製品「Fatal1ty P67 Professional」「P67 Extreme6」「P67 Extreme4」「P67 Pro3」を用意。ゲーミンググレードをうたう最上位モデルのFatal1ty P67 Professionalは、USB転送速度を向上させる“ASRock XFast USBテクノロジ”や、システムのモニタリング制御を行える“Fatal1ty F-Stream”などの独自技術が利用可能となっている。また、P67 Pro3を除く3製品はフロント用USB 3.0パネルが付属する。予想実売価格はそれぞれ2万7000円前後/2万2000円前後/1万8000円前後/1万4000円前後だ。

photophotophoto H67M-GE/HT(左)、H67M-GE(中)、H67M(右)

 Intel H67チップセット採用製品としては、microATXマザーボード3製品「H67M-GE/HT」「H67M-GE」「H67M」をラインアップ。H67M-GE/HTにはMCEリモコンと受信機、およびUSB 3.0フロントパネルが付属する。予想実売価格はそれぞれ1万4000円前後/1万1000円前後/1万円前後。


photo p67 transformer

 また変則的モデルとして、Intel P67チップセット採用の「LGA1156」CPU対応マザーボード「P67 Transformer」も合わせて発売となる。チップセット機能はP67に準じており、UEFIも利用可能だ。予想実売価格は1万3000円前後。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう