ニュース
» 2011年02月28日 11時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「Fusion」が好調なAMDと“再起動完了直前”っぽいインテル (1/4)

出せば売れる状態のFusionマザーだが、その勝因は消費電力対効果とSATA 3.0サポートにあるらしい。この流れにインテルはSATA 3.0対応SSDの投入と、P67/H67マザーの復活で対抗できるか!?

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「IONやAtomマザーの需要を食ってますね」――Fusionマザーがじわじわヒット!

 CPUとGPUを融合したAMDのプロセッサ「Fusion APU」を搭載したmini-ITXマザーが好調に売れている。先週はASRockの「E350M1/USB3」が登場し、「潤沢に仕入れたつもりが、入荷した初日に売り切れる勢いです」(ドスパラ秋葉原本店)と、順調にブレイクしている様子だった。価格は1万3000円弱。また、週末には1万8000円弱でSapphireの「PURE FUSION MINI E350」も出回っている。どちらもE-350を搭載する。

og_akiba_001.jpgog_akiba_002.jpg ASRock「E350M1/USB3」

 2月初旬に登場したASUSTeKのmicro ATXマザー「E35M1-M PRO」は、様子見するユーザーが多く、街全体でのヒットにやや時間がかかったが、中旬に出回ったギガバイトのmini-ITXマザー「GA-E350N-USB3」はすでに入手困難な状況になるほどの反響があった。

 その流れが他社の最新モデルにもつながっている状況だが、その理由をTSUKUMO eX.は「低消費電力ながらBlu-rayの視聴やちょっとしたゲームのプレイに十分な性能があるうえ、SATA 3.0がネイティブで使えるのが大きいです。最近はストレージがボトルネックになることが多いので、SATA 3.0のSSDをブートドライブに使えば相当快適なマシンが組めるでしょう。そうしたモノとしての優秀さと、ライバルのAtomやIONマザーの新モデルが出ないこと、さらにはP67やH67マザーがまだ復活しないことなども関係して、相対的なニーズも高まっているとみています」と分析していた。

 ただし、インテル陣営もすでに反撃の準備は整えている。マスタードシードはSATA回りの問題を解決した新型のASRock製H67マザー「H67DE3」の販売を3月4日から行うとアナウンス。この流れで、他社もP67/H67マザーの販売をまもなく再開するとの見方が強まっている。某ショップは「まだ旧マザーを購入したお客さんのサポートが完了していないので心情的には複雑ですが、新生活前にマシンを組みたいという方は多いので、よい方向に進んでいるのは確かですね。一時期は4月以降になるという観測が強かったので、それに比べれば明るい未来かなと思います」と語る。

 また、SATA 3.0関連についても、インテルから“次の一手”が出るようだ。2月28日にインテル製SSD初のSATA 3.0対応モデルが発表され、順次店頭に出回る予定が週末の時点である程度固まっていた。ある仕入れ担当の店員さんは「数量でいえば、まだまだSATA 2.0のSSDが堅調ですが、将来性は断然SATA 3.0モデルです。最近はCrucialだけでなく、プレクスターやCorsairもリード300Mバイト/秒を超えるモデルを投入しているので、SATA 2.0のインテル製SSDがかすんでいたのは確かです。それが一気に盛り返す可能性も高いので、面白くなりそうですね」と期待を込めて語った。

og_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg すでに出回っているSATA 2.0タイプのインテル製SSDも、パッケージを一新していた(写真=左)。フェイス秋葉原本店が予定している、インテル製SATA 3.0型SSDのキャンペーンPOP。リリース発表後に張り出す予定だ(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.