ニュース
» 2011年09月27日 10時00分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:ソニーが「VAIO」秋冬モデルを発表――薄型軽量モバイルに15.5型フルHDモデル、裸眼3Dパネルのオプションも (1/3)

ソニーは「VAIO」の2011年秋冬モデルを10月8日に発売する。オールインワンモバイルノートPC「VAIO S」に15.5型フルHD液晶搭載モデルを追加したほか、基本スペックの底上げやカラバリの拡充を行った。手軽に裸眼3D立体視が楽しめる「3Dパネル」のオプションも追加している。

[ITmedia]

VAIO 2011年秋冬「標準仕様モデル」の主な特徴

ラインアップ

  • AV機能を重視した16.4型ノートPC「VAIO F
  • スタンダードな構成の14型/15.5型ノートPC「VAIO E
  • 集光材で光るボディが楽しい14型/15.5型ノートPC「VAIO C
  • フルフラットボディの13.3型モバイルノートPC「VAIO S」に15.5型フルHDモデル(SE)を追加
  • 低価格帯の11.6型モバイルノートPC「VAIO Y
  • “スグつくTV”搭載の多機能な24型ボードPC「VAIO L
  • テレビ搭載ハイエンドモデルを用意した21.5型ボードPC「VAIO J

ハードウェア

  • VAIO S(SE)に広視野角の15.5型フルHD液晶を採用
  • VAIO S(SE)にバックライト搭載のテンキー付きキーボードを採用
  • 既存シリーズはCPU/HDDなど基本スペックの底上げが中心
  • オプションで裸眼3Dが手軽に楽しめる「3Dパネル」を用意

ソフトウェア

  • 全モデルで64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)を採用
  • 全モデルでOffice Home and Business 2010をプリインストール
  • BRAVIAの楽曲検索がVAIOで行えるソフト「TrackID with BRAVIA」を搭載
  • サポートソフトの「VAIO Care」をアップデート

VAIO 2011年秋冬「VAIOオーナーメードモデル」の主な特徴

ラインアップ

  • VAIO Eに17.3型のEJシリーズを追加
  • VAIO Eに14.1型/AMD Fusion APU搭載のELシリーズを用意
  • VAIO Sにハイスペックな13.3型のSAシリーズを用意

カラーバリエーション

ハードウェア

  • 標準仕様モデルに比べて、ハイスペックからロースペックまで選択可能

ソフトウェア

  • Windows 7やOffice 2010のエディションを選択可能
  • VAIO S/F/L/JではAdobe Creative Suite 5.5が選択可能


計7シリーズを一挙にモデルチェンジ、VAIO Zは継続販売

tm_1109vaio_09.jpg

 ソニーは9月27日、「VAIO」の2011年秋冬モデルを発表した。店頭販売向けの標準仕様モデルと、購入時に仕様が選べるソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデルを用意し、2011年10月8日に発売する。

 モデルチェンジしたのはノートPCが5シリーズ(F、C、E、S、Y)、デスクトップPCが2シリーズ(L、J)の計7シリーズだ。このうち、薄型軽量オールインワンノートPC「VAIO S」に15.5型ワイド液晶搭載機(SE)が、スタンダードな大画面ノートPC「VAIO E」に17.3型ワイド液晶搭載機(EJ)が追加された(後者は直販モデルのみ用意)。それ以外のシリーズは、基本スペックの強化やカラーバリエーションの拡充が行われている。

 なお、2011年8月13日に発売された13.1型フラッグシップモバイルノートPC「VAIO Z」は継続販売される。

大画面モデルを加えたオールインワンモバイル「VAIO S」

tm_1109vaio_01.jpg 「VAIO S(SE)」

 薄型軽量のフラットボディに光学ドライブを内蔵したオールインワンモバイルノートPC「VAIO S」は、これまでの13.3型に加えて、新たに15.5型の「SE」シリーズを用意。ソニーによると、A4ノートサイズでもスリムなデザインとパフォーマンスの両立を望むユーザーや、家庭内で自由にA4ノートサイズを持ち運んで使い続けたいというユーザーに向けた新しい提案という。

 広視野角の15.5型フルHD液晶ディスプレイやテンキー付きフルピッチキーボードをVAIO Sとしては初めて採用し、店頭モデルは約6.5時間のバッテリー駆動時間を確保しながら、厚さ24.5ミリ、重さ約1.99キロ(SSD選択時は1.87キロ)と、画面サイズの割に薄型軽量ボディを実現している(本体の幅は380ミリ、奥行きは255.9ミリ)。

 それでいて、通常電圧版の第2世代Core i3/i5/i7をはじめ、CPU内蔵グラフィックスと外部GPUの切り替えスイッチ、HDDからクアッドSSDまで選べる柔軟なストレージ構成、最大13時間駆動に対応するシート型の拡張バッテリーといったVAIO Sの特徴は一通り継承した。アルミニウムとマグネシウムを組み合わせて軽さと頑丈さに配慮したボディの基本的なデザインは13.3型モデルと共通化しているが、本体サイズの大型化に伴い、シャシー内部の構造を変更することで堅牢性を確保している。

 標準仕様モデルはCore i5-2430M (2.4GHz/最大3.0GHz)、Radeon HD 6470M/CPU統合グラフィックス、4Gバイトメモリ、750GバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブ、64ビット版Windows 7 Home Edition(SP1)といった構成に、Office Home and Business 2010が付いて実売価格が15万円前後の見込みだ。

tm_1109vaio_10.jpgtm_1109vaio_11.jpgtm_1109vaio_12.jpg 店頭モデルのカラーはブラックだ(写真=左)。直販モデルはシルバーも選択できる(写真=中央)。底面に増設してバッテリー駆動時間を延ばせるシート型の拡張バッテリーもオプションで用意する(写真=右)

 一方、13.3型モデルは2011年夏モデルと同様、上位機種の「SA」シリーズを直販限定で、下位機種の「SB」シリーズを店頭と直販の両方で販売する。いずれも基本スペックはCPUを強化し、無線LANのIEEE802.11a対応をやめた(11b/g/nには対応)程度のマイナーチェンジだが、直販のカラバリを増やしている。SAシリーズは天面に「織り目だしカーボン」素材を採用した「カーボンメッシュブラック」、SBシリーズは黒と赤のツートーンが印象的な「レッド」が新色だ。

tm_1109vaio_13.jpgtm_1109vaio_14.jpgtm_1109vaio_15.jpg VAIO S(SA)に追加された「カーボンメッシュブラック」(写真=左/中央)。VAIO S(SB)の新色「レッド」(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.