ニュース
» 2011年12月12日 16時21分 UPDATE

ニューテック、小規模オフィス向けの6ベイ搭載デスクトップ型NAS「SmartNAS」

ニューテックは、最大6基のHDDを内蔵可能なSMB/SOHO向けNAS「SmartNAS」の販売を開始する。

[ITmedia]
photo SmartNAS

 ニューテックは12月12日、最大6基のHDDを内蔵可能なNAS「SmartNAS」を発表、2012年1月中旬より販売を開始する。価格は最小構成モデル(1Tバイト×2基搭載)時で8万8000円〜最大モデル(3Tバイト×6基搭載)時で29万8000円だ。

 SmartNASは、SMB/SOHOでの利用を想定したギガビット接続対応デスクトップ型NASで、10クライアントでの利用に対応する。ドライブベイは6基を装備、RAIDレベルはRAID-0/1/5/10をサポートした。

 OSとしてWindows Home Server 2011を導入、ファイル共有機能のほかリモートアクセスや自動バックアップ機能なども利用できる。本体サイズは220(幅)×310(奥行き)×130(高さ)ミリ。

 また、年額3万円(4年目以降は4万5000円)のオンサイト保守サービスを用意するほか、SmartNASから自動的にデータをバックアップできる「ニューテックCloudリカバリサービス」のオプション契約にも対応している(月額2980円/キャンペーン価格980円)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.