連載
» 2012年03月21日 10時49分 UPDATE

ショップのダメ出し!:低パワーでもいい。予算10万円で“超サクサク”なPCがほしい (1/3)

ゲームも動画編集もやらないけど、何かにつけてもたもたする低スペックマシンはイヤ。そんな声に応えて考えた「サクサク」マシンを、クレバリー秋葉原店の秋葉氏に“ダメ出し”してもらうッ!

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]

目指すのは「ライトユースのハイエンド」

og_damedasi_001.jpg オープンして間もない3月8日に、クレバリー秋葉原店を訪ねた

 ゲーム環境にそこまでこだわらないし、動画編集やエンコードのような重い作業はめったにしない。メインはブラウザとメーラー、スカイプにオフィスソフト……そのくらいの用途であれば、現在のPCパーツの相場からして、OS込みでも5万円程度で組めてしまう。

 ただし、低価格一辺倒の構成でマシンを組むと、あらゆる作業に待ち時間が発生して不便を感じることが多い。いくらライトユースといっても、メインマシンにするのは避けたほうが無難だろう。とはいえ、闇雲に予算を上乗せしてハイスペック構成にしても宝の持ち腐れだ。

 そこで今回は、「ライトユース前提のハイエンド」という、一見よく分からないようでいて実はニーズが高そうな構成を追求してみた。普段使いの快適さを求めるなら、何もハイパワーである必要はなく、ガチガチに高価なパーツを積まなくてもいい。というわけで、予算はOS込みで10万円。この範囲内で、とにかくサクサク動くマシンを目指していく。結果、最初に考えた構成は以下のようなものになった。

カテゴリ 製品名 メーカー 数量 小計
CPU Core i5-2500K インテル 1 1万8670円
マザーボード Z68 Pro3 Gen3 ASRock 1 9980円
メモリ PSD38G1333KH(4Gバイト×2枚) パトリオット 1 3270円
SSD AGILITY 3 120GB OCZ 1 1万870円
HDD WD Caviar Green WD20EARX(2Tバイト) ウェスタンデジタル 1 1万980円
光学ドライブ AD-7280S-0B(DVDマルチ) ソニーオプティアーク 1 2770円
グラフィックスカード
PCケース 黒糸縅 H405-500BRZ ハントキー 1 1万1800円
電源 (※ケースに付属/定格500ワット)
OS Windows 7 Home Premium 64ビット DSP版(USB2.0カードとセット) マイクロソフト 1 1万998円
合計金額は7万9338円。各パーツの単価は、2012年3月時点のクレバリーeショップの価格を参考にしている

 将来の拡張性も確保できる多機能なIntel Z68 Expressマザーをベースに、Sandy Bridgeの中でも上位のGPU「Intel HD 3000」を内蔵する「Core i5-2500K」を積み、メモリは割安なDDR3-1333 4Gバイトの2枚セットをチョイス。グラフィックスカードは非搭載で、電源やPCケースも最小限の構成にとどめた。

 予算を割いたのはストレージだ。HDDブートとSSDブートでは体感レベルでケタ違いの速度差がある。そこで、データ用に2TバイトHDDを確保したうえで、ブートドライブにはリード最大525Mバイト/秒、ライト最大500Mバイト/秒の「AGILITY 3 120GB」を採用した。OSは64ビットのWindows 7 Home Premiumとしたところ、合計金額は7万9338円だった。

 この構成にダメ出ししてもらうべく向かったのは、3月3日にオープンしたクレバリー秋葉原店。同1号店のころから豊富な経験と知識でショップをけん引してきた秋葉晃一氏が、構成表を受け取ってくれた。果たして……!?

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.