ニュース
» 2012年03月29日 20時56分 UPDATE

最上位モデルはちょっと待ってください:MSI、Intel 7シリーズチップセット搭載マザーボードを日本で紹介

エムエスアイコンピュータージャパンは、3月29日にIntel 7 シリーズチップセット搭載マザーボードを発表、説明会で、新モデルに導入した機能を紹介した。

[ITmedia]

GD80は“参考展示”にとどまる

 MSIが発表したIntel 7 シリーズチップセット搭載マザーボードは、「Z77A-GD65」「Z77A-GD55」「Z77A-G45」「Z77MA-G45」「Z77A-G43」「ZH77A-G43」「B75A-G43」だ。MSIは、いずれのモデルについては出荷時期は明らかにしておらず、「インテルの発表に合わせて出荷する。すでに代理店の倉庫には準備ができている」と説明している。また、発表時期は未定ながら、すでに1月の2012 International CES、3月のCeBIT 2012で展示している「Z77A-GD80」も参考品として紹介した。

 「Z77A-GD65」は、メモリスロットを4基備えて、独自のオーバークロック設定として最大DDR3 2667を用意する。拡張スロットは、PCI Express x16 3.0対応を3基とPCI Express x1を4基搭載。Serial ATAインタフェースは、6Gbps対応が2基、3Gbps対応が4基のほか、オンボードコントローラのASM1061が制御する6Gbps対応2基を利用できる。映像出力インタフェースは、HDMIとDVI-I、アナログRGBを用意する。資料にはCPUに統合するグラフィックスコアのIntel HD Graphices 2500とIntel HD Graphices 4000に対応すると記載があった。マルチGPU環境は、CrossFireXとSLIに対応する。実売予想価格は1万8800円前後となる見込みだ。

 「Z77A-GD55」は、拡張スロットで、PCI Express x16 3.0対応が2基、PCI Express x16 2.0対応が1基となり、Serial ATAインタフェースは、6Gbps対応が2基、3Gbps対応が4基となったほかは、Z77A-GD65とほぼ共通する。実売予想価格は1万5500円前後とみられる。

 「Z77A-G45」は、マルチGPU環境の対応がCorssFireXのみとなるほかは、Z77A-GD55と主要な仕様は同じだ。実売予想価格は1万3800円前後になる。「Z77A-G43」は、拡張スロットで、PCI Express x16 3.0対応が1基、PCI Express x16 2.0対応が1基とグラフィックスカード対応スロットが2基になり、PCI Express x1対応が2基、PCI対応が3基となるほかは、Z77A-G45と仕様が共通する。実売予想価格は1万1800円とされる。

 「Z77MA-G45」は、micro ATXフォームファクタ準拠のモデルで、拡張スロットの構成でPCI Express x16 3.0対応が2基、PCI Express x1対応が2基となった以外は、Z77A-G45と仕様が共通する。実売予想価格は1万2800円前後という。

 「ZH77A-G43」は、チップセットにIntel H77 Expressを搭載するモデルだ。拡張スロットの構成、メモリスロットの数、利用できるSerial ATAインタフェースなど、チップセット以外の主要な構成はZ77A-G43と同じだ。実売予想価格は9800円前後となる見込みだ。

 「B75A-G43」は、Intel B75 Expressチップセットを搭載する。こちらも、主要な仕様はZ77A-G43とZH77A-G43と共通するが、3基搭載するPCI対応拡張スロットは、ほかのモデルがブリッジチップを介して動作するのに対して、B75A-G43、Intel B75 Expressチップセットが対応するのでブリッジチップを必要としない。

kn_msiz77_01.jpgkn_msiz77_02.jpgkn_msiz77_09.jpg Z77A-GD55(写真=左)に、Z77A-G45(写真=中央)。そして、参考品として掲げたZ77A-GD80(写真=右)

kn_msiz77_03.jpgkn_msiz77_04.jpgkn_msiz77_05.jpg Z77MA-G45(写真=左)に、ZH77A-G43(写真=中央)、そして、B75A-G43(写真=右)

 説明会では、インテルがまだ正式に発表していないIntel 7シリーズのラインアップについて説明があった。Intel 7シリーズチップセットのラインアップ構成では、Intel Z68 Expressの後継となるIntel Z77 Expressとその下位モデルになるIntle Z75 ExpressがPerformanceクラスに、MainstreamのIntel H67 Expressの後継としてIntel H77 Expressが、Transactionalクラスでは、Intel B65 Expressに変わってIntel B75 Expressがそれぞれ登場する。

 Intel 7シリーズチップセット搭載マザーボードでは、Intel X79 Expressチップセット搭載モデルで導入した独自品質基準の「Military Class III」に、自動オーバークロック機能の「OC Genie II」、日本語を含めた15言語に対応した「Click BIOS II」を採用する。そのそれぞれの機能は、2011年11月にあったIntel X79 Expressチップセット搭載マザーボードの説明会で紹介された内容と同じで、アップデートされたところはない。

kn_msiz77_06.jpgkn_msiz77_07.jpgkn_msiz77_08.jpg MSIが示したIntel 7シリーズチップセットのラインアップ構成(写真=左)。Intel Z68 Expressチップセット搭載モデルとIntel Z77 Expressチップセット搭載モデルで比較した機能の違い(写真=中央、右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう