ニュース
» 2012年05月08日 11時00分 UPDATE

2012年PC夏モデル:プレミアムAVノートが新デザイン+“Ivy Bridge”世代に進化──「LaVie L」

NECの高性能A4オールインワン「LaVie L」シリーズがフルモデルチェンジ。薄型かつ高級感のある新デザイン+インテルの第3世代Core iシリーズにより、デザイン面と性能面を大きく刷新した。

[ITmedia]

高級感のある薄型新デザイン、“Ivy Bridge”世代の基本システムも採用

photo 高性能オールインワンノート「LaVie L」(クリスタルゴールド)

 NECのプレミアムA4オールインワンノートPC「LaVie L」シリーズは、映像もサウンドもプレミアムな高性能オールインワンとするコンセプトはそのままに、新デザインの薄型ボディとインテルの最新世代CPUを採用し、フルモデルチェンジを果たした。

 ラインアップはワイヤレステレビチューナー付属モデル「LL770/HS」とテレビチューナーレスモデル「LL750/HS」の2モデル。デザイン、CPU、メインメモリ、ストレージ、ディスプレイサイズ、OS、オフィススイートなど基本仕様はそれぞれ共通で、上位のLL770/HSは3波(地上、BS、110CS)デジタルチューナーを内蔵するワイヤレステレビチューナーキット「ワイヤレスTVデジタル」が付属し、フルHD(1920×1080ドット)表示対応の液晶ディスプレイを搭載、カラーバリエーションを1色のみとする点に違いがある。

 発売はLL750/HSが2012年5月10日、LL770/HSが2012年5月末を予定。価格はオープン、実売価格はLL770/HSが21万円前後、LL750/HSが18万5000円前後と予想される。LL750/HSは全4色(クリスタルブラック、クリスタルレッド、クリスタルホワイト、クリスタルゴールド)のカラーバリエーションを用意する。


photo “ワイヤレスTVデジタル”キットと無線リモコンが付属する「LL770/HS」

 新デザインのボディは、トップからパームレストまで薄くなめらかな面で構成した“ストリームデザイン”と呼ぶコンセプトを取り入れた。前モデル比で約5.5ミリ薄くした厚さ33.2ミリの薄型ボディ、光沢ブラックでまとめたフルフラット造形のディスプレイ面、なめらかな曲面で構成するパームレスト、光沢感のある透明樹脂でキートップを覆ったクリスタライズキーボード、キズが付きにくい“スクラッチリペア”天板など、より高品位・高級感を訴求しつつ、長期間飽きにくく、かつユーザーの利便性も考慮した仕上がりとなっている。

 基本仕様もインテル第3世代Core iシリーズの採用とともに大きく強化した。主な仕様は、クアッド(4)コア/8スレッドの同時処理を可能とするCore i7-3610QM(2.3GHz/最大3.3GHz)+Intel HM77 Expressチップセット搭載マザーボードの組み合わせに、CPU統合のIntel HD Graphics 4000、8Gバイトのメインメモリ、1TバイトのHDD、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、15.6型ワイドの液晶ディスプレイ(スーパーシャインビューLED-EX2液晶 LL770/HSはフルHD、LL750/HSは1366×768ドット)、2.4GHz/5GHz帯両対応の高速無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n準拠)など、ノートPCとしてはハイクラス志向の構成となっている。


photo カラーバリエーションは、クリスタルゴールド、クリスタルブラック、クリスタルホワイト、クリスタルレッドの4色

 このほか搭載インタフェース/機能は、720p撮影対応のWebカメラ、高品位サウンドを実現するYAMAHAサウンドシステム+MaxxAudio、計5本のUSB 3.0(USBポートは全6本、うち2本はパワーオフUSB充電対応)、1000BASE-T準拠の有線LAN、マルチメモリカードリーダー(SDXC対応SDメモリーカード/Pro対応メモリースティックDuo)、アナログRGB出力×1、HDMI出力×1などを実装。このほか、DTCP-IP対応のDNLAアプリケーション「SmartVision/PLAYER」やレシーバー内蔵のワイヤレスマウスなども付属する。

 SmartVision/PLAYERは、テレビ機能を搭載するVALUESTARなどで録画した番組のネットワーク再生、およびリアルタイム視聴(ライブ放送の転送)をソフトウェア。VALUESTARシリーズと連携することで、テレビ機能を内蔵しないノートPCでもネットワーク経由でテレビ機能を楽しめるようになる。サーバ側にはVALUESTAR NやVALESTAR WなどSmartVision搭載PCを用い、家庭内LAN内の他PCで「録画番組のストリーミング再生」「(サーバPCの空きチューナーを利用した)ライブ放送の視聴」「録画番組の聞こえる変速再生機能」「番組表表示、録画予約、録画一覧の表示」「リモート電源オン/オフ」といった機能が利用可能。SmartVision/PLAYERは既存LaVieシリーズでも利用できるよう単体販売も行う。価格は1980円、7日間無料利用できる試用版も公開予定だ。

 搭載OSは両モデルともに64ビット版のWindow 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートにOffice Home and Business 2010をプリインストールする。本体サイズは382(幅)×258(奥行き)×33.2(厚さ)ミリで、重量は約3.1キロ。バッテリー動作時間は約4.5時間(LL750/HS)となる。


直販モデルは、上位CPUや“ISRT”構成でカスタマイズ可能

 NECの直販サイト「NEC Direct」では、CPUに上位のCore i7-3720QMを選択できるほか、高速レスポンスを実現sるうインテル・スマート・レスポンス・テクノロジー(ISRT)を利用できるHDD+SSD構成、ワイヤレスTVデジタルキットの追加、Bluetooth内蔵といった仕様でカスタマイズオーダーできる。


news023.jpg

●新モデルを早速レビュー:「LaVie L(LL750/HS)
Ivy Bridge世代のクアッドコアCore i7搭載プレミアムノートPC

LaVie Lシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
LaVie L LL770/HS 2スピンドル 新CPU、フルチェンジ Core i7-3610QM (2.3GHz/最大3.3GHz) 8GB (DDR3) 1TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 21万円前後
LL750/HS(4色) 2スピンドル 新CPU、フルチェンジ Core i7-3610QM (2.3GHz/最大3.3GHz) 8GB (DDR3) 1TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 18万5000円前後
LaVie Lシリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
LaVie L LL770/HS 3D対応15.6型ワイド 1920×1080 Intel HM77 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ (ワイヤレスTVデジタル) / Office Home and Business 2010 約3.1キロ
LL750/HS(4色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM77 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 ─ / Office Home and Business 2010 約3.1キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう