ニュース
» 2012年10月01日 14時00分 公開

2012年PC秋冬モデル:光学ドライブ付きの14型モデルやタッチパネル液晶モデルも登場――「VAIO T」

ソニーのUltrabook「VAIO T」シリーズは、光学ドライブ付きの14型モデルが新たに追加されたほか、静電容量式のタッチパネル液晶を搭載したモデルも登場した。

[ITmedia]

“ときどきモバイル”なオールインワンUltrabookの14型モデル

VAIO T(14型モデル)

 2012年VAIO夏モデルで同社初のUltrabookとして復活を果たした「VAIO T」シリーズは、この秋冬モデルで既存の11.6型/13.3型モデルに14型モデルを加えた3シリーズを用意した。ラインアップは、14型の「SVT14119CJS」、13型の「SVT13129CJS」と「SVT13128CJS」、11.6型の「SVT11129CJS」。価格は上から順に14万円前後、13万円前後、12万円前後、11万円前後。いずれも10月26日に発売される予定だ。

 新たに追加された14型ワイド液晶搭載(1366×768ドット)モデル「SVT14119CJS」は、Ultrabookカテゴリに位置づけられる製品ながら、DVDスーパーマルチドライブを備え、オールインワンノートPCとしての使い勝手を実現しているのが特徴だ。本体サイズは345(幅)×238.2(奥行き)×20.8(高さ)ミリ、重量は約1.92キロと、A4ノートPCとしては薄型で、持ち運んでの利用も可能な重さに収まっている。普段はホームモバイルで使い、ときどき外に持ち出す、といった用途を想定した製品といえる。

カラーリングはシルバー

 主な基本スペックは、CPUにCore i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)を搭載し、4Gバイトメモリ(PC3-12800)と、32GバイトSSD(キャッシュ用)+750GバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 4000を利用する仕様だ。OSには64ビット版Windows 8をプリインストールする。

 インタフェースも豊富で、メモリースティックDUO/SDメモリーカードスロットのほか、USB 3.0×1、USB 2.0×1、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力などを搭載。液晶画面上部に131万画素Webカメラを内蔵するほか、ネットワーク機能としてギガビットLAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+HSを備える。

 なお、仕様をカスタマイズできるVAIOオーナーメードモデルでは、Blu-ray Discドライブをはじめ、Core i7-3517U(1.9GHz)や512GバイトSSDなど、より上位のパーツを洗濯できる。また、メッセージ刻印サービスにも対応する。

タッチパネル搭載モデルが加わった13型モデル

VAIO T(13.3型タッチパネル液晶搭載モデル)

 13.3型(1366×768ドット)モデルは、Windows 8にあわせて静電容量式タッチパネル液晶搭載モデル「SVT13129CJS」を用意したのがトピックだ。なお、通常モデルの「SVT13128CJS」とは、ディスプレイ回りのデザインが異なる(フラッシュサーフェイス)ものの、基本的なスペックは共通化されている。

 具体的には、CPUがCore i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)、メモリ4Gバイト(PC3-12800)、32GバイトSSD(キャッシュ)+500GバイトHDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 4000となっている。インタフェースは、14型モデル同様にメモリースティックDUO/SDメモリーカードスロット、USB 3.0×1、USB 2.0×1、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力などを搭載。131万画素Webカメラや、ギガビットLAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+HSを備える点も同じだ。

 本体サイズは323(幅)×226(奥行き)×17.8(SVT13128CJS)/19(SVT13129CJS)(高さ)ミリ、重量は約1.51(SVT13128CJS)/1.71(SVT13129CJS)キロと、タッチパネル液晶搭載モデルは若干厚みがあり、重くなっている。OSは64ビット版Windows 8をプリインストールする。

VAIO T(11.6型モデル)

 11.6型(1366×768ドット)の「SVT11129CJS」は、液晶ディスプレイのサイズを除くと、基本的なスペックやインタフェースは13型モデルとほぼ同じ仕様だ。本体サイズは297(幅)×214.5(奥行き)×17.8(高さ)ミリ、重量は約1.42キロ。OSは64ビット版Windows 8だ。

 なお、14型モデルと同様に、VAIOオーナーメードモデルでCore i7などの上位パーツを選択できるほか、CTOツリーにはAdobe Premiere ElementsやPhotoshop Elementsなどの動画/画像編集ソフトも用意されている(なお、メッセージ刻印サービスは、タッチパネル液晶搭載モデルでは選べない)。このほか、Tシリーズ専用アクセサリとして、14型/13型モデルに合わせたキーボードウェア(VGP-KBV14)も発売される。

VAIO Tシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO T (14) SVT14119CJS (シルバー) 2スピンドル (Ultrabook) 追加の大画面モデル Core i5-3317U (1.7GHz/最大2.6GHz) 4GB (DDR3L) 750GB HDD + 32GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 14万円前後
VAIO T (13) SVT13129CJS (シルバー) 1スピンドル (Ultrabook) 追加の上位モデル、タッチパネル採用 Core i5-3317U (1.7GHz/最大2.6GHz) 4GB (DDR3L) 500GB HDD + 32GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 13万円前後
SVT13128CJS (シルバー) 1スピンドル (Ultrabook) Win 8採用 Core i5-3317U (1.7GHz/最大2.6GHz) 4GB (DDR3L) 500GB HDD + 32GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 12万円前後
VAIO T (11) SVT11129CJS (シルバー) 1スピンドル (Ultrabook) Win 8採用 Core i5-3317U (1.7GHz/最大2.6GHz) 4GB (DDR3L) 500GB HDD + 32GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 11万円前後
VAIO T店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO T (14) SVT14119CJS (シルバー) 14型ワイド 1366×768 Intel HM77 DVDスーパーマルチ CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約1.92キロ
VAIO T (13) SVT13129CJS (シルバー) 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM77 CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約1.71キロ
SVT13128CJS (シルバー) 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM77 CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約1.56キロ
VAIO T (11) SVT11129CJS (シルバー) 11.6型ワイド 1366×768 Intel HM77 CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約1.42キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう