ニュース
» 2012年10月18日 21時00分 UPDATE

Windows 8で爆発だ!:いまのユーザーが求める姿は“Yoga”になる (1/2)

Windows 8を導入するIdeaシリーズの新モデルを発表したレノボ・ジャパンは、10月18日に説明会を行い、日本市場における事業戦略と“Yoga”のコンセプトを明らかにした。

[長浜和也,ITmedia]

レノボ・ジャパンが攻めのコンシューマー市場を説明

 レノボ・ジャパンは、10月18日にWindows 8導入の新製品を発表した。レノボ・ジャパンが「攻めるポイント」という、日本のコンシューマー市場に向けて、「IdeaPad Yoga 13」や「IdeaTab K3011W」、そして、「IdeaPad U510」といったユニークなモデルを投入する。

 製品の説明会では、IdeaPad Yoga 13の製品コンセプトや、レノボ・ジャパンのコンシューマー市場戦略の説明に加えて、日本マイクロソフトのトップがゲストで登場してWindows 8を訴求した。

kn_ideaevnt_01.jpgkn_ideaevnt_02.jpg 説明会には、発表したばかりの新モデルを展示していた。「IdeaPad Yoga 13」は、ユーザーの利用シーンに合わせて4つのモードに変形する

kn_ideaevnt_06.jpgkn_ideaevnt_05.jpg 「IdeaTab K3011W」は、Clover Trail世代のAtomを搭載するタブレットPCだ(写真=左)。標準付属のキーボード搭載ドッキングステーションに接続するとクラムシェルスタイルのノートPCとして使える(写真=右)

kn_ideaevnt_03.jpgkn_ideaevnt_04.jpg 15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載したコストパフォーマンスPCの「IdeaPad Z500」(写真=左)と、同じサイズの液晶ディスプレイを搭載するUltrabookの「IdeaPad U510」(写真=右)

IdeaPad Yoga 13のコンセプトを3つのポイントで

 レノボ・ジャパン Ideaシリーズ製品担当の櫛田弘之氏は、IdeaPad Yoga 13の特徴とコンセプトを説明した。櫛田氏は、IdeaPad Yoga 13のコンセプトを「ハイパフォーマンスでメインマシンとして使えるUltrabook

」「使うシーンに合わせて形状を変える4つのモード」「新しいスタイルを使いやすくする新機能」といった3つポイントにまとめている。

 “ハイパフォーマンス”のポイントでは、CPUの第3世代Coreプロセッサー・ファミリーに容量128GバイトのSSD、IPSパネルを組み込んで10点マルチ対応のタッチパネルを内蔵する13.3型ワイド液晶ディスプレイなどのハードウェア構成に加えて、短時間の起動と復帰、TinkPadシリーズと同じコンセプトでレイアウトしたアイソレーションタイプのキーボード、そして、HDMI、USB 3.0、2-in-1カードリーダを用意した本体インタフェースを訴求する。

kn_ideaevnt_08.jpgkn_ideaevnt_07.jpgkn_ideaevnt_09.jpg レノボ・ジャパンの櫛田氏は(写真=左)、IdeaPad Yoga 13のコンセプトを3つのポイントにまとめて説明した(写真=中央)。本体にはUSB 3.0、HDMI、カードリーダを備える(写真=右)

 多くのユーザーが注目する「形状変化による4つのモード」では、“ノートブック”“タブレット”以外に、“テント”モードでは、設置する面積が最も節約できて、喫茶店などスペースを確保できない場所でも利用できることや、“スタンド”モードでは、ひざの上において使うのに適しているなど、実利用に則したメリットも訴求した。

 さらに、開きやすく、かつ、画面をタッチしても液晶ディスプレイが倒れないヒンジの適切なトルク設定や、ディスプレイを閉じたとき、または、底面まで開いたときに固定できる磁石の採用を紹介するとともに、360度の開閉を可能にした“ダブルヒンジ”の構造も説明した。

 「新スタイルを使いやすくする新機能」では、対面のユーザーもディスプレイが見やすい視野角を確保するIPSパネルの採用や、複数のユーザーによる同時操作が可能な、10点マルチタッチパネルの内蔵、液晶ディスプレイの開く角度に合わせてキーボードが自動で無効になる機能、そして、内蔵カメラでジェスチャー(カメラの前で手を動かす)でPCを操作するユーティリティなどを紹介した。

kn_ideaevnt_10.jpgkn_ideaevnt_11.jpgkn_ideaevnt_12.jpg 液晶ディスプレイを底面まで開くことでタブレットPCとしても利用できるが、そのためにダブルヒンジを採用し、トルク設定やキーボードの自動ロックなど、形状を変えても使いやすい機能を導入した

kn_ideaevnt_13.jpgkn_ideaevnt_14.jpg “ノートブック”モードと“タブレット”モード比べて、利用シーンをイメージしにくい“テント”モードと“スタンド”モードだが、櫛田氏は、テントモードでは設置面積が少なくて済み、スタンドモードではひざの上で使いやすいなど、実利用におけるメリットを紹介した

 また、レノボ・ジャパン IdeaCentre・タブレット担当の藤井宏明氏は、IdeaTab K3011Wについて、タブレットスタイルの本体とキーボード搭載ドッキングステーションの組み合わせによって、重さは1.35キロと軽量で、かつ、本体とドッキングステーションのそれぞれに搭載するバッテリーで駆動時間は16時間にも達する携帯性能とともに、CPUにはClover Trail世代のAtom Z2760 を搭載し、液晶ディスプレイに組み込んだIPSパネルと5点同時に対応するタッチパネルを訴求した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.