ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「中田英寿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中田英寿」に関する情報が集まったページです。

「待ってたよ!」 中田英寿がYouTubeチャンネル開設、レジェンド降臨に“ヒデコール”がわき上がる
ヒデきたぁ!(2019/11/6)

懐かしいぃぃぃ! 元「あいのり」ヒデ、15年ぶりに「あいのり」出演
配信中の「あいのり:African Journey」に出演。(2019/9/13)

やっぱオーラが違う! キングカズ&中田英寿の“レジェンド2ショット”がファンのテンションを爆上げ
これがスター同士のオーラ。(2019/4/24)

「10代だったヒデも先日お誕生日を迎え42歳に」 神田うの、旧友・中田英寿との仲良しショット公開でしみじみ
ゴージャスな2ショットだ。(2019/1/31)

常見陽平のサラリーマン研究所:
SNSでニヤニヤしてしまう、「転身ポエム」を分析してみた
SNS上で「転身ポエム」をよく見かける。就職、転勤、転職などのタイミングで、その「想い」が劇的につづられているのだ。この転身ポエム……よーく読むと、その人の過去がいろいろ透けて見えてきて、とても味わい深いのだ。(2018/10/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
西野監督の去就はどうなるのか 見え隠れするJFAの思惑
日本代表ロスになっている人も多いだろう。大会終了後、本田圭佑や長谷部誠が代表引退を表明。メンバーの世代交代が進むなか、次期日本代表監督にも注目が集まっている。なぜこうした動きが広がっているかというと、日本サッカー協会の思惑があるようで……。(2018/7/5)

経営権取得を正式発表:
RIZAPは湘南ベルマーレの「優勝」にコミットできるのか
RIZAPグループが湘南ベルマーレの経営権を取得すると発表。3年間で10億円以上を同チームに投資するなどし、チームを強化するという。RIZAPグループの瀬戸健社長は「『タイトル獲得』にコミットする」と意気込む。(2018/4/6)

ヤフーが今年も「Search for 3.11 検索は応援になる。」を開催 羽生結弦選手らが出品するチャリティーオークションも
3月11日に「3.11」と検索すると1人につき10円が復興支援団体に寄付されます。(2018/3/5)

自分に合う仕事が分かる? マニュライフ生命による「Life 2.0 TRAVEL」キャンペーンの“未来履歴書”が話題に
「ねぶた師」「花屋」「眼鏡職人」などなど……。(2017/9/6)

マ、マドンナー!? セレブを前に口あんぐりのセレブ、サラ・ポールソンがとってもかわいい
マドンナ「あはは、サラ、大好き!」(2017/5/3)

STORIA法律事務所ブログ:
「WELQ」はアウトか? セーフか? DeNAの責任は? 著作権法の観点から弁護士が分析してみた
WELQをはじめとした「まとめサイト」の問題は、倫理面や法律面が複雑に絡み合っている。WELQの「リライト」は、著作権法の観点からアウトか、セーフか。著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2016/12/21)

VRやドローンもありマス:
お腹まわりを計測しちゃうベルト、カッコいい「日本酒セラー」など――「+Style」の新プロジェクトが六本木に集結
ソフトバンクはIoT関連製品のモノ作り支援プラットフォーム「+Style」の新プロジェクトを発表した。ロボットやドローン、VR関連製品など話題性のある製品がずらり。お腹が気になる人向けのスマートベルトもあった。(2016/10/14)

キットカットの「日本酒」フレーバー、2月1日発売
抹茶フレーバーに続いて、訪日外国人観光客の人気土産となるか。(2016/1/30)

あの「獺祭」も飲めるよ! 中田英寿さん全面プロデュースの日本酒イベントが六本木で開催
毎日通うしかない……!(2016/1/27)

W杯で盛り上がる今だからこそ読みたい――『フットボールサミット』がReader Storeで半額に
対象となるのは第1回から第16回までの16冊。キャンペーン期間中に購入した人の中から抽選で5名にポストカード(5枚組)が当たるプレゼントキャンペーンも実施している。(2014/6/19)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/5)

あったら便利なアプリ特集:
誕生日や結婚式などのお祝いから、日々の思い出まで――オススメ画像・動画編集アプリ10選
最近のスマホは簡単に写真や動画を撮れるが、その編集作業は少し面倒。だが、アプリを使えば編集が“かわいく”簡単にできる。お気に入りのものを友達とシェアしよう。(2014/2/27)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
プロスポーツ選手の活躍を陰で支える通訳という存在
セリエAのACミランに入団した本田圭佑選手についてチーム幹部は「ホンダは専属通訳を付けない」と語った。世界で活躍するプロスポーツ選手にとって専属通訳の存在意義とは?(2014/1/9)

Windows 8で爆発だ!:
いまのユーザーが求める姿は“Yoga”になる
Windows 8を導入するIdeaシリーズの新モデルを発表したレノボ・ジャパンは、10月18日に説明会を行い、日本市場における事業戦略と“Yoga”のコンセプトを明らかにした。(2012/10/18)

レノボ・ジャパンのトップに聞く:
80点の考えでもすぐに行動するのがレノボが求めるスピードです
レノボ・ジャパンのトップは、本国本社とNEC・レノボグループ、NECパーソナルコンピュータと連携しつつ日本市場を攻める。その微妙で多忙な日々になにを思うのか。(2012/9/28)

New Order ポスト・ジョブズ時代の新ルール:
ソーシャルゲーム界の雄、国光宏尚氏の世界制覇シナリオ
アイテム課金方式をとるソーシャルゲーム市場が花盛りの日本。中でも急成長しているベンチャーgumiを率いる国光宏尚氏は「日本には圧倒的なアドバンテージがある」とし、世界へ打って出ようとしている。日本のソーシャルゲームは、世界のゲームコンテンツビジネスを変えられるのか?(2012/4/6)

郷好文の“うふふ”マーケティング Special版:
PR:夜空に虹は、かかるのか!? 「DO.プロジェクト」始動――レノボ・ジャパン
中田英寿さんが、赤い文字で“DO”と描く。ロボットスーツを着て重いパーツを軽々と持ち上げる……このCMの正体は、レノボ・ジャパンの「DO.プロジェクト」。自分でやることを決め、実行する人を応援するキャンペーンの裏側に迫った。(2011/9/15)

レノボ・ジャパン、中田英寿氏とビジョンを共に「DO.プロジェクト」開始
(2011/8/5)

ボクら的に主役はこちら:
正式発表前の「ThinkPad Tablet」「IdeaPad Tablet K1」を初公開
レノボ・ジャパンは、中田英寿氏を起用するブランドキャンペーンに関する説明会を行い、同社が投入予定で正式発表前のタブレットデバイスが紹介された。(2011/7/19)

レノボ、中田英寿氏を“FOR THOSE WHO DO.”キャンペーンのアンバサダーとして起用
レノボ・ジャパンは、同社ブランドキャンペーン“FOR THOSE WHO DO.”の「ブランド・アンバサダー」として中田英寿氏を起用した。(2011/7/19)

誠 Weekly Access Top10(2011年3月26日〜4月1日):
日本人のフォロワー数1位は蒼井そら氏、孫正義氏の倍
先日、フォロワー数が100万人を超え、Twitterの日本ユーザーではトップとなったソフトバンクの孫正義CEO。しかし、“マイクロブログ”という枠で考えると、フォロワー数トップは蒼井そらさんになるようだ。(2011/4/8)

中田英寿がほれた赤ワインを買ってチャリティを
イタリアの微発泡赤ワイン「ランブルスコ バーチョ」が、チャリティキャンペーン「Say LOVE 2010」に参加した。ワインを購入すると100〜200円が寄付される。期間は12月31日まで。(2010/11/12)

ビジネスパーソンの9割が“体力に衰え”――理想の体型は?
あなたは自分の体力に自信がありますか? ビジネスパーソンに聞いたところ、「自信がある」と答えた人は45.7%、「自信がない」が51.5%であることが分かった。ティップネス調べ。(2010/9/27)

日本代表監督、3人に1人は岡ちゃん続投希望
スペインの初優勝で幕を閉じた2010 FIFA ワールドカップ南アフリカ大会。日本代表も決勝トーナメントに進出するなど健闘したが、日本人はどのくらいワールドカップに注目したのだろうか。ORIMO調べ。(2010/7/13)

小学生の4人に3人は「缶けりをしたことがない」――その理由は?
あなたは子どものころに「缶けり」をしたことがありますか? 20代以上の人に聞いたところ、約9割の人が「したことがある」と回答。しかし小学生の4人に3人は「したことがない」という。その理由は……? UCC調べ。(2010/6/11)

プロとアマとの“中間”に経済支援――作品発表の一大プラットフォーム目指す携帯サイト「E★エブリスタ」
6月に本格オープンする携帯向けユーザー投稿型サイト「E★エブリスタ」は、作品の人気に応じた報酬を幅広く用意することで、プロとアマチュアとの間にいる「中間層」のクリエーターの支援・発掘に注力。有料の“ケータイ雑誌”も創刊し、エコシステムの形成を目指す。(2010/6/1)

人気作家に月最大100万円 ユーザー投稿+“ケータイ雑誌”「E★エブリスタ」
ドコモとDeNAの合弁会社がスタートする「E★エブリスタ」は、有料コンテンツで稼いだ利益を原資にUGCクリエイターに報酬を支払う仕組み。UGCの事業化とクリエイター発掘を目指す。(2010/5/31)

「nakata.net cafe」で「イナズマイレブン」シリーズのオリジナルプログラム
(2010/4/27)

“UQ入ってる”2010年版「nakata.net cafe」、原宿に期間限定オープン
中田英寿氏プロデュースの期間限定飲食店「nakata.net cafe」が東京・原宿にオープン。店内でワールドカップ全64試合の放送を行い、試合放映日は試合終了の翌朝まで営業。無料でWiMAX端末を貸し出すサービスも行う。(2010/4/26)

「世界一蹴の旅」からすべて教わった:
南米諸国の日系人との結び付きを
W杯を出場する32カ国を巡る「世界一蹴の旅」では、ワールドカップイヤーの今年に入ってから2カ月にわたり、南米の出場5カ国(チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル)を訪問してきた。(2010/4/25)

ワールドカップより熱い!?――レベルファイブ発の人気シリーズ「イナズマイレブン」新作発表会リポート
「レイトン教授シリーズ」などで、大きな知名度を手にしたレベルファイブ。同社が送る人気シリーズ「イナズマイレブン」の最新作「イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク」「イナズマイレブン3 世界への挑戦!! ボンバー」の発表会が行われた。(2010/3/29)

「世界一蹴の旅」からすべて教わった:
アフリカ人を惑わす中国製品
ガーナやコートジボアールなどアフリカ諸国に訪れて驚いたのは、現地の人々の日常生活に中国文化が深く入り込んでいることだ。(2010/2/19)

ヘッドハンターとして活躍しそうな有名人は?
ヘッドハンターとして活躍しそうな有名人は誰だと思いますか? 年収750万円以上のビジネスパーソンに聞いたところ、男性は楽天イーグルスの前監督「野村克也」さんだった。ビズリーチ調べ。(2010/2/3)

「世界一蹴の旅」からすべて教わった:
欧州は成長をあきらめたのか
「何かが物足りない」――。ヨーロッパ各国を周遊するにつれ、当初から抱いていた違和感は次第に大きくなっていった。(2009/12/22)

岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは
早稲田大学は12月11日、ICC開設3周年記念「働く杯」を開催、特別講演でサッカー日本代表監督の岡田武史氏が自らの仕事に対する姿勢を語った。日本代表監督としての悩みから決断の下し方、チームのまとめ方やスランプになった選手への接し方まで幅広い話題が取り上げられた。(2009/12/14)

「世界一蹴の旅」からすべて教わった:
北朝鮮に向かう列車の中で……
国境を越えるべきか否か――。さんざん悩みぬいた結果、われわれは中国遼寧省の丹東から北朝鮮の首都・平壌への列車に乗り込んだのだった。(2009/9/25)

LEVEL5 VISION 2009:
レベルファイブ×ブラウニーブラウン×植松伸夫のコラボ――究極のスローライフRPGを発表
レベルファイブは8月25日、東京・恵比寿にあるザ・ガーデンホールにて、LEVEL5 VISION 2009と銘打った制作発表会を行った。そこでは新作以外にも、「レイトン教授」セカンドシーズンや「イナズマイレブン2」などの進捗状況も。(2009/8/26)

「世界一蹴の旅」からすべて教わった:
台頭する中国のエリート世代、そのとき日本は
急激な経済成長を遂げた中国では、富裕層が増加し、彼らの子どもで英才教育を受けた80后、90后と呼ばれる若者がビジネス社会に進出してきている。それに対して、日本の若年世代は……?(2009/8/21)

「世界一蹴の旅」からすべて教わった:
南アフリカで痛感した「自己責任」の重要性
ブラジル代表の優勝で幕を閉じたFIFAコンフェデ杯。開催地となった南アフリカでは、来年のW杯本番に向けてスタジアム建設などが急ピッチで進む一方で、治安の悪さを懸念する声も聞こえる。現地の今をレポートする。(2009/6/30)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
1つのサッカーボールから――Football For All People
デニム地を縫い込んだサッカーボール、エヴァンゲリオン調の柄のサッカーボールなどをデザインした株式会社imio(イミオ)。人生をサッカーにかけているimio倉林啓士郎社長の思いを沼田健彦広報ディレクターから聞いた。(2009/3/5)

サニーサイドアップがヘラクレス上場へ
中田英寿さんらが所属するPR・マネジメント会社のサニーサイドアップがヘラクレスに上場する。(2008/8/6)

モバゲータウンに、中田氏の進める「Take Action! 2008」キャンペーン携帯サイト開設
(2008/4/15)

新連載・財務で読む気になる数字:
ベッカムの移籍金、その裏で動くスポーツビジネス
金融やコンサルティングの世界で活躍してきた斎藤忠久氏が、ファイナンスの視点から注目のニュースにスポットを当て、その裏側の「気になる数字」を分析する。第1回目に取り上げる数字は、デビッド・ベッカムの移籍金だ。(2008/4/2)

地頭力を鍛えるのに役立ちそうなものは?
最近「地頭力」という言葉をよく耳にするが、20代社会人の4人に3人は「地頭力を鍛えなければならない」と感じているようだ。その理由として「仕事の効率を上げたい」など、キャリアに関する答えが多かった。(2008/3/24)

+D Style News:
“新しい価値観”を提案するエコプロダクトたち
東京ビッグサイトで開幕した「エコプロダクツ2007」では、手動充電のカメラから、蛍光灯の見事なリユースまで、人の“価値観”を刺激するさまざまなエコプロダクトを見ることができる。(2007/12/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。