ニュース
» 2012年12月20日 19時00分 UPDATE

タッチ対応ノートPCが当たるかも:アキバで“2画面”Ultrabook「ASUS TAICHI」を体感せよ!

ASUSがノートPC秋冬モデルを体験できるイベントを秋葉原で開催中。デュアルディスプレイ搭載Ultrabook「TAICHI21」や、4万円台からのタッチ対応ノートPC「VivoBook X202E」などを体験できる。さらに、日本未発表のタッチパネル搭載ZENBOOKもチラ見せ。

[池田憲弘,ITmedia]

発売直前の注目モデル「ASUS TAICHI」に人だかり

photo イベントはJR秋葉原駅構内で実施中。やはりTAICHI21が一番人気で常時10人以上が列を作って並んでいた

 ASUSTeK Computerが、コンシューマー向けPCの販促イベント「ASUSサンタのプレゼント大作戦 〜タッチでゲット!〜」をJR秋葉原駅構内の中央出口前イベントスペースで実施中だ。このイベントで同社製の最新ノートPC「ASUS TAICHI(TAICHI21)」を中心とした2012年秋冬モデルを体験でき、PCを操作してアンケートに答えると、「VivoBook X202E」などが当たる抽選に参加できる。

 デモ機として設置されたTAICHI21は4台。このほかタッチ対応モバイルノート「VivoBook X202E」や、「ZENBOOK Prime UX21A」など計9台のPCを用意する。日本での発表は未定だが、タッチパネルを搭載したZENBOOK「ZENBOOK Touch」も参考展示として設置していた。

photophotophoto 発売を2012年12月22日に控えた「TAICHI21」だ。2画面同時に表示していることが分かるように、PCの後ろにクリスマスツリー型の鏡を置いている(写真=左)。画面を開いたり閉じたりするほか、タブレットスタイルにしてペン操作を体験する人も多かった(写真=中央)。日本未発表のタッチパネル搭載Ultrabook「ZENBOOK Touch」も1台設置していた(写真=右)

 抽選の商品は、11.6型のタッチ対応ディスプレイを搭載するノートPC「VivoBook X202E」を2台、ASUS製外付けDVDドライブを40個、タッチパネルの操作に対応する手袋を500個用意する。

 イベントでは、常に10人以上がTAICHI21を体験しようと並んでおり、スタッフの説明を受けながら、ディスプレイを開いたり、閉じたりといった動作を繰り返し行っていたのが印象的だった。「両方のディスプレイに画面が表示されると、多くの人は驚きますね。CPUなどのスペックに複数のバリエーションがあるのか聞く人も多いです」(説明員)

photophoto PCを体験した後にアンケートに答えると抽選に参加できる。アンケートは紙のほか、PCで記入してもよい。TAICHI21のペン操作を試すいいチャンスだ(写真=左)。アンケートに答えると抽選券がもらえる。会場には3種類のPCが置いてあるので、最大3回まで抽選が行える(写真=右)
photophotophoto プレゼント一覧(写真=左)と抽選会場(写真=中央)。タッチパネルの操作に対応する手袋(写真=右)は1日あたり約250個用意しているので、当たりやすいかもしれない。はずれはなく、参加賞としてASUSオリジナルの付せん紙がもらえる

 TAICHI21を体験した人に感想を聞くと「2画面で別々のことができるのが新鮮。相手に資料や動画などを見せるときに便利そう」「こういったボディならタッチ操作も便利」といった声が多かった。同イベントは2012年12月21日までの開催で、時間は11時半から20時まで。TAICHI21が気になっている人は、秋葉原に行ってみてはいかがだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.