ニュース
» 2013年01月29日 10時00分 UPDATE

2013年PC春モデル:タッチ対応のUltrabookに15.5型フルHDモデルが登場――「VAIO T」

ソニーのUltrabook「VAIO T」シリーズは、静電容量式のタッチ操作に対応したラインアップを拡充し、新たに15.5型ワイドのフルHD液晶を搭載したモデルも加わった。

[ITmedia]

新登場の15.5型モデルは、フルHD解像度でタッチ操作が可能

og_vaiot_001.jpg 「VAIO T」シリーズに15.5型モデルが登場

 「VAIO T」シリーズの2013年春モデルは、既存の11.6型/13.3型/14型に加えて、15.5型モデルをラインアップに追加し、11.6型を除くすべて(店頭向けモデル)で静電容量式タッチパネルを採用するなど、タッチ対応モデルを大幅に拡充したのがトピックだ。

 実売予想価格は、15.5型の「SVT15119CJS」と「SVT15118CJS」が順に17万円前後と15万5000円前後、14型の「SVT14129CJS」が13万5000円前後、13.3型の「SVT13139CJS」が13万円前後、11.6型の「SVT11139CJS」が11万円前後。いずれも2月9日に発売される。

 新登場の15.5型ワイド液晶ディスプレイ搭載モデルは、CPUとメモリ/ストレージ容量の違いで2モデルがラインアップされる。ともにアスペクト比16:9の1920×1080ドットという高い解像度でWindows 8に最適なタッチ操作を実現したほか、UltrabookでありながらBDXL対応Blu-ray Discドライブを内蔵しているのが特徴だ。

og_vaiot_002.jpgog_vaiot_003.jpg 1920×1080ドットの高解像度で直感的なタッチ操作を行えるのが特徴。ただし、液晶パネルはTN方式で、フルHD対応液晶を搭載するVAIO Duo 11やVAIO SのようなIPS方式ではない(写真=左)。基本的なデザインコンセプトは、既存のVAIO Tシリーズを受け継ぐ一方、幅広のボディを生かして10キー付きキーボードを搭載したのが目を引く(写真=右)

 主な基本スペックは、上位モデルのSVT15119CJSが、CPUにCore i7-3537U(2GHz/3.1GHz)を採用し、メモリ8Gバイト、ストレージが24GバイトSSD(キャッシュ)+1TバイトHDD、光学ドライブにBlu-ray Discドライブを搭載。下位モデルのSVT15118CJSは、CPUがCore i5-3337U(1.8GHz/最大2.7GHz)、メモリ4Gバイト、ストレージが24GバイトSSD(キャッシュ)+750GバイトHDDという構成になる。グラフィックス機能は、CPU内蔵のIntel HD Graphics 4000を利用する。OSは64ビット版Windows 8だ。

 インタフェースは、メモリースティックDUOスロット、SDメモリーカードスロット、USB 3.0×1、USB 2.0×2、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力端子など。液晶画面上部に131万画素Webカメラを内蔵するほか、ネットワーク機能としてギガビットLAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+HSも備える。

 本体サイズは、379(幅)×255(奥行き)×22.8(高さ)ミリ、重量は約2.35キロ。約5.5時間のバッテリー駆動が行える。

14型と13.3型も店頭向けモデルはタッチパネルを搭載

 11.6型/13.3型/14型は、各1モデルがラインアップされる。全体的には基本スペックを底上げしただけのマイナーチェンジだが、このうち14型と13.3型はタッチパネルを搭載し、タッチ非対応の選択肢がVAIOオーナーメードモデルのみとなった。また、細かいところでは、mSATA接続のSSDとHDDを組み合わせたハイブリッドHDDの構成が変更され、キャッシュとして利用するSSDの容量が32Gバイトから24Gバイトに減っている。

 主なスペックは、14型(1366×768ドット)のSVT14129CJSが、Core i5-3337U(1.8GHz/最大2.7GHz)、メモリ4Gバイト、ストレージが24GバイトSSD(キャッシュ)+750GバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブ。13.3型(1366×768ドット)のSVT13139CJSが、Core i5-3337U(1.8GHz/最大2.7GHz)、4Gバイトメモリ、24GバイトSSD(キャッシュ)+750GバイトHDD。11.6型(1366×768ドット)のSVT11139CJSが、Core i5-3337U(1.8GHz/最大2.7GHz)、メモリ4Gバイト、ストレージが24GバイトSSD(キャッシュ)+500GバイトHDDという構成になる。バッテリー駆動時間は、順に約6.5時間、約8時間、約8時間。いずれもグラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 4000を利用する使用だ。OSに64ビット版Windows 8、オフィスソフトとしてOffice Home and Business 2013をプリインストールする。

 なお、VAIOオーナーメードモデルでは、従来同様にメッセージ刻印サービスも用意されている(ただし、14型と13.3型はタッチパネル非搭載のオプションを選択した場合のみ)。

og_vaiot_004.jpgog_vaiot_005.jpgog_vaiot_006.jpg 従来同様、14型、13.3型、11.6型のモデルもラインアップされる

VAIO T店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO T (15) SVT15119CJS (シルバー) 2スピンドル (Ultrabook) 追加の大画面モデル Core i7-3537U (2.0GHz/最大3.1GHz) 8GB (DDR3) 1TB HDD + 24GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 17万円前後
SVT15118CJS (シルバー) 2スピンドル (Ultrabook) 追加の大画面モデル Core i5-3337U (1.8GHz/最大2.7GHz) 4GB (DDR3L) 750GB HDD + 24GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 15.5万円前後
VAIO T (14) SVT14129CJS (シルバー) 2スピンドル (Ultrabook) タッチパネル採用、CPU強化、Office 2013採用 Core i5-3337U (1.8GHz/最大2.7GHz) 4GB (DDR3L) 750GB HDD + 24GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 13.5万円前後
VAIO T (13) SVT13139CJS (シルバー) 1スピンドル (Ultrabook) CPU強化、Office 2013採用 Core i5-3337U (1.8GHz/最大2.7GHz) 4GB (DDR3L) 500GB HDD + 24GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 13万円前後
VAIO T (11) SVT11139CJS (シルバー) 1スピンドル (Ultrabook) CPU強化、Office 2013採用 Core i5-3337U (1.8GHz/最大2.7GHz) 4GB (DDR3L) 500GB HDD + 24GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 11万円前後
VAIO T店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO T (15) SVT15119CJS (シルバー) 15.5型ワイド 1920×1080 (タッチパネル) Intel HM76 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2013 約2.35キロ
SVT15118CJS (シルバー) 15.5型ワイド 1920×1080 (タッチパネル) Intel HM76 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2013 約2.35キロ
VAIO T (14) SVT14129CJS (シルバー) 14型ワイド 1366×768 (タッチパネル) Intel HM76 DVDスーパーマルチ CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2013 約2.1キロ
VAIO T (13) SVT13139CJS (シルバー) 13.3型ワイド 1366×768 (タッチパネル) Intel HM76 CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2013 約1.7キロ
VAIO T (11) SVT11139CJS (シルバー) 11.6型ワイド 1366×768 Intel HM76 CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2013 約1.4キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう