ニュース
» 2013年03月05日 20時30分 UPDATE

CeBIT 2013:Intel 8シリーズ“らしき”チップセット搭載マザーボード現る

CeBIT 2013が始まった。事前の“うわさ”通りに、PCパーツベンダーは、Intelの未発表チップセットと“思われる”型番を掲げるマザーボードを展示している。

[長浜和也,ITmedia]

2013年のCeBITはIntel 8シリーズマザーボードが初公開

 CeBIT 2013が3月5日(現地時間)からドイツのハノーバーで始まった。午前9時の開場と同時に、PCパーツベンダーの展示ブースでは、未発表のIntel 8シリーズチップセットの搭載をうかがわせる型番を掲げたマザーボードのサンプルを展示している。ここでは、CeBIT 2013の第一報として、展示ブースを設けていたPCパーツベンダーのASRockとBIOSTARが公開した未発表マザーボードの姿とラインアップを紹介する。それぞれのスペックや詳細な情報は後日掲載する予定だ。

kn_cebitsoku_11.jpg CeBIT 2013の初日に展示している未発表マザーボードの一部は、チップセットのヒートシンクを外していた

ASRock

 ASRockのブースに展示していたIntel 8シリーズらしきチップセットを搭載するマザーボードは「Z87 Extreme6」「Z87 Pro4-M」「H87 Pro4」「B85M」の4モデルだ。

kn_cebitsoku_01.jpgkn_cebitsoku_02.jpg ASRockの展示資料によると、「Z87 Extreme6」(写真=左)と「Z87 Pro4-M」(写真=右)は、ともに「Intel Z87 チップセット」を搭載するという

kn_cebitsoku_03.jpgkn_cebitsoku_04.jpg 同じく、「H87 Pro4 」には「Intel H87 チップセット」を(写真=左)、「B85M」には「Intel B85 チップセット」を(写真=右)、それぞれ搭載することになっている

BIOSTAR

 BIOSTARのブースで展示していたのは、「TZ87XE6」「Hi-Fi Z87X 3D」「Hi-Fi H87S3+」「Hi-Fi Z87W」「Hi-Fi B85S3」「Hi-Fi B85S2」の6モデルだ。

kn_cebitsoku_05.jpgkn_cebitsoku_06.jpg TZ87XE6はガラスケースに入れてディスプレイを施すなど特別扱いの展示だった(写真=左)。「Hi-Fi Z87X 3D」(写真=右)とともに、搭載するチップセットは「Z87」とBIOSTARの説明資料にある

kn_cebitsoku_08.jpgkn_cebitsoku_07.jpg 「Hi-Fi Z87W」(写真=左)のチップセットは「Z87」、「Hi-Fi H87S3+」(写真=右)のチップセットは「H87」となるようだ

kn_cebitsoku_09.jpgkn_cebitsoku_10.jpg 「Hi-Fi B85S3」(写真=左)と「Hi-Fi B85S2」(写真=右)は、ともにチップセットに「B85」を採用するらしい


 CeBIT 2013も、インテルの未発表チップセットを搭載したマザーボードの参考展示が主役となりそうだが、このほかにも、MSIがゲーミングマザーボードの新ブランドを立ち上げて未発表モデルを展示したり、ThermaltakeがBMWデザイン監修のゲーミングヘッドセットを発表したり、ASRockが、これまたBMWデザイン監修のゲーミングコンパクトPCを公開したりと、注目したい製品が多い。さらに、Intelが説明会や技術説明会を積極的に行うなど、こちらも、新しい情報の公開に期待がかかる。

 以上の詳細な内容は、PC USERで連日紹介する予定だが、まとめてチェックしたいユーザーは、関連情報をまとめたCeBIT 2013 特集ページも参考にしていただきたい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう