ニュース
» 2013年06月07日 00時21分 UPDATE

2560×1600ドットの東芝製「Tegra 4」搭載タブレットも:これがAndroid携帯ゲーム機「NVIDIA SHIELD」の最終版だ (1/2)

「SHIELD」の量産機をNVIDIAがCOMPUTEX TAIPEI 2013で公開した。ゲームプレイの様子を動画でリポート。ところで日本にやって来るのはいつなの!?

[本間文,ITmedia]

最新SoC「Tegra 4」搭載デバイスがズラリ

og_nvidia_001.jpg 「SHIELD」

 NVIDIAは、COMPUTEX TAIPEI 2013において、同社のモバイル機器向けSoC「Tegra 4」を登載する2-in-1デバイスやタブレット、同社が米国市場で発売したゲーミングデバイス「SHIELD」の量産モデルなどを公開した。

 Tegra 4登載デバイスとして公開されたのは、東芝の10型液晶搭載タブレットや、HPの2-in-1デバイス、ASUSTeKが発表した「ASUS Transformer Pad Infinity」の3製品。このうち、東芝のタブレットPCは2560×1600ドットの高解像度液晶ディスプレイや、harman/kardonスピーカーを採用している。

 いずれも、製品の詳細は明らかにされなかったが、同SoCを登載した製品が米国の新学期にあたる9月の発売をターゲットに、開発が進んでいることをうかがわせた。

og_nvidia_002.jpgog_nvidia_003.jpg 東芝の10型タブレット。ディスプレイの解像度は2560×1600ドットという(写真=左)。USBやHDMI、microSDスロットを装備(写真=右)

og_nvidia_004.jpgog_nvidia_005.jpg 本体背面(写真=左)。同社のノートPCで採用例の多いharman/kardon製スピーカーを備える(写真=右)

og_nvidia_006.jpgog_nvidia_007.jpg HPのTegra 4登載2-in-1デバイス

og_nvidia_008.jpgog_nvidia_009.jpg ASUSTeKの「Transformer Pad Infinity」

 一方、Tegra 4にLTEモデムを統合した「Tegra 4i」についても、ODMベンダーが製造した実働機が公開され、年末には最初の製品が投入される見通しだ。

 同社でTegraのテクニカルマーケティングを担当するスリドハー・ラマスワミー氏は、すでに米AT&TがNVIDIAのLTE認証を進めており、ほかの国においても通信キャリアのLTE認証が進められていることを明らかにしている。

og_nvidia_010.jpgog_nvidia_011.jpg ODMベンダーが顧客向けにサンプル出荷している「Tegra 4i」登載スマートフォン

og_nvidia_012.jpgog_nvidia_013.jpg 実際に通話が可能。当然ゲームもスムーズに動作する

関連キーワード

NVIDIA | Tegra 4 | ゲーム | ASUS | タブレット | 東芝 | Android | COMPUTEX | HP


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.