ニュース
» 2013年10月02日 16時41分 UPDATE

画素密度339ppi:ジャパンディスプレイ、WQXGA解像度に対応した8.9型LTPS液晶モジュールの量産を開始

ジャパンディスプレイは、高解像度表示を実現した低温ポリシリコン液晶モジュールの量産開始を発表した。

[ITmedia]
photo

 ジャパンディスプレイは10月2日、高解像度表示を実現した低温ポリシリコン(LTPS)液晶モジュールの量産開始を発表した。

 今回新たに量産を開始したのは、LTPS技術を採用した低消費電力/狭額縁タイプの液晶モジュールで、従来のタブレット向けディスプレイの主流となるa-Si TFT液晶から約40〜50%の消費電力削減を実現したほか、独自の高透過率画素設計の採用によりバックライト駆動電力も40%低減した。額縁幅は約30%減となっている。

 パネルサイズは8.9型で、表示解像度は2560×1600ドット(WQXGA)に対応。コントラスト比は1200:1、色再現性はNTSC比で72%となっている。

 また、6月より量産が開始されているWUXGA対応の7型モデルについても合わせて仕様が発表されている。おもな仕様は以下の通りだ。

画面サイズ 対角 17.8センチ(7.0型) 対角 22.6センチ(8.9型)
画素数 1200×1920(WUXGA) 2560×1600(WQXGA)
精細度 323ppi 339ppi
コントラスト比 1200:01 1200:01
視野角 上下/左右 160度以上(CR>100:1のとき) 上下/左右 160度以上(CR>100:1のとき)
色再現域(NTSC比) 72% 72%
外形寸法(モジュール) 98.70(幅)×160.80(高さ)×1.98(奥行き)ミリ 200.30(幅)×132.10(高さ)×1.82(奥行き)ミリ
額縁寸法 上  1.4ミリ 上  2.0ミリ
左右 1.4ミリ 左右 2.8ミリ
下  6.8ミリ 下  7.6ミリ
液晶駆動用ドライバLSI数 1 2
消費電力(白500cd/m2時) 1250mW 2320mW

 本製品は、10月23日から25日にパシフィコ横浜で開催される「FPD International 2013」に出展される予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.