ニュース
» 2013年11月11日 14時58分 UPDATE

デル、Quadro K1100Mを装備したハイスペックモバイルWS「Precision M3800」

デルは、15.6型ワイド液晶を内蔵したモバイルWS「Dell Precision M3800」を発表。3200×1800ドット表示対応液晶モデルも用意している。

[ITmedia]

 デルは11月11日、15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したモバイルWS「Dell Precision M3800」を発表、11月20日に販売を開始する。価格は“スタンダードモデル”が24万9980円から、“QHD+液晶搭載モデル”が32万9980円から。

photophoto Dell Precision M3800

 Dell Precision M3800は、CPUとしてCore i7-4702HQ(2.2GHz)を標準搭載したモバイルワークステーションで、タッチ操作対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵。ディスプレイ解像度はスタンダードモデルが1920×1080ドット、QHD+液晶搭載モデルが3200×1800ドットの高解像度表示をサポートした。グラフィックスコアはQuadro K1100M/2Gバイトを搭載、NVIDIA Optimusテクノロジーも利用可能だ。

 メモリ/ストレージは、スタンダードモデルが8Gバイトメモリ/500GバイトハイブリッドHDD+8Gバイトフラッシュメモリを、QHD+液晶搭載モデルが16Gバイトメモリ/512GバイトSSDを装備した。OSはWindows 7 Professional/Windows 8 Proを選択できる。

デル株式会社 デル株式会社

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.