ニュース
» 2013年12月03日 15時14分 UPDATE

東芝、最大1.6Tバイトの大容量を実現したサーバ向けSAS SSD「PX03SN」

東芝セミコンダクター&ストレージは、エンタープライズ向けとなる大容量SSD「PX03SN」シリーズのサンプル出荷を開始する。

[ITmedia]
photo PX03SNシリーズ

 東芝セミコンダクター&ストレージは12月3日、エンタープライズ向けとなる大容量SSD「PX03SN」シリーズを発表、12月末よりサンプル出荷を開始する。

 PX03SNは、SAS3.0(12Gb/s)接続に対応した19ナノメートルMLC NAND採用のエンタープライズ向けのSSDで、高速データ処理と低消費電力、大容量を実現したハイエンドサーバ/ストレージシステム向けモデル。1日あたりのデータ書き換え容量の上限(DWPD)はドライブ容量の1倍で、読み出し用途に特化した製品となっている。

 容量ラインアップは200Gバイト/400Gバイト/800Gバイト/1.6Tバイトの4モデルを用意。転送速度はリード最大1100Mバイト/秒、ライト最大380Mバイト/秒を実現。IOPS値は4Kランダムリード時で13万IOPSとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう