ニュース
» 2014年01月15日 11時33分 UPDATE

アドビ、マルチデバイス出力に対応した統合オーサリングツール「Technical Communication Suite 5」を提供開始

アドビ システムズは、同社製の統合型オーサリングツール「Technical Communication Suite」の最新版を発表。電子書籍やモバイルアプリ向けフォーマット出力をワンクリックで行なうことが可能となっている。

[ITmedia]

 アドビ システムズは1月15日、同社製の統合型オーサリングツール「Technical Communication Suite」の最新版「Technical Communication Suite 5」を発表、本日より提供を開始する。価格は22万4000円(アップグレード版は9万2000円から)。

 Technical Communication Suiteは、XML/DITAコンテンツの作成などに対応した統合型のオーサリングツールで、従来版をベースとしつつ各コンポーネントを強化。DropBox共有機能やPDFによるレビューとオーサリングの同時実行のサポートなどの改良も盛り込まれている。

 新機能としては、HTML5出力をワンクリックで行なえる“ワンクリックパブリッシング”機能を搭載。EPUB 3/KF8/MOBIなど計17種のフォーマットへの出力に対応しており、電子書籍やスマートフォン、タブレット端末向けのコンテンツ配信をスマートに行なうことが可能だ。対応OSはWindows XP(SP3)/7/8.1。


 また、各機能の単体パッケージ最新版となる「FrameMaker 12」「RoboHelp 11」「FrameMaker XML Author 12」もあわせて提供が開始される。価格はFrameMaker 12/RoboHelp 11がともに13万1500円、FrameMaker XML Author 12が5万2500円だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.