ニュース
» 2014年02月24日 15時53分 UPDATE

パナソニック、LTE/3G通話にも対応した法人向け堅牢5型タブレット「TOUGHPAD FZ-E1/X1」

パナソニック システムネットワークスは、シリーズ初となるLTE/3G通話対応となる5型HD液晶内蔵のタブレット端末を発表。AndroidモデルとWindows Embeddedモデルの2タイプをラインアップした。

[ITmedia]

 パナソニック システムネットワークスは2月24日、5型液晶を内蔵する法人向けの堅牢タブレット端末「FZ-E1」「FZ-X1」を発表、それぞれ6月中旬/8月下旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はともに13万円前後だ。

photophotophoto FZ-E1/FZ-X1

 2製品はともに、1280×720ドット表示対応の5型ワイド液晶を内蔵したタブレット端末で、屋外での利用を想定した耐衝撃(MIL-STD-810G、および3メートルからの落下試験をクリア)、防塵/防滴および防水(IP65/IP68準拠)のデザイン筐体を採用。OSは、FZ-E1がWindows Embedded 8 Handheld、FZ-X1がAndroid 4.2.2を備えた。ともにLTE/3G回線での音声通話機能も標準で搭載しているのも特徴だ。

 CPUはQualcomm製のクアッドコアCPUを搭載、内蔵バッテリー容量は6200mAhで、連続駆動時間は約14時間(連続待ち受けは約1000時間)を実現している。急速充電機能や、電源を切らずにバッテリーパックを交換できるホットスワップ機能なども備えた。

photophoto 利用イメージ

 ディスプレイは、手袋を装着したままでも的確な操作が可能な「高感度近接検知タッチパネル」を採用。また、雨や水滴でも誤動作を起こさない独自の水滴誤動作防止機能も備えている。

 メモリは2Gバイト、フラッシュメモリは32Gバイトを内蔵。IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0のほか、micro SDカードスロット/USB 2.0(microUSB)/NFC、Webカメラ2基(130万+800万画素)、位置測定センサー(GPS/GLONASS)なども備えた。本体サイズは87(幅)×165(奥行き)×31(高さ)ミリ、重量は約430グラムだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.