ニュース
» 2014年10月23日 21時30分 UPDATE

六本木のイベントにも登場:「VAIO Prototype Tablet PC」の国内初披露はソニーストア大阪

米Adobe Systemsのクリエイター向けイベントに登場した「VAIO Prototype Tablet PC」が、ついに国内初披露。大阪と東京、2つのイベントで公開される。

[ITmedia]

 VAIO株式会社は10月23日、クリエイター向けハイスペックWindowsタブレットの試作機「VAIO Prototype Tablet PC」を国内で初公開することを明らかにした。

tm_1410vaio_tab_r_43.jpg 12.3型Windowsタブレット「VAIO Prototype Tablet PC」

 以下の2つのイベントにて公開される。

(1)ソニーストア大阪「VAIO Prototype Tablet PC」トークショー

 ソニーストア大阪(大阪市北区)で開催されるトークショー。企画コンセプトや開発チームのこだわりなどを同社商品企画担当の伊藤好文氏が紹介するほか、フォトグラファー/レタッチャーの御園生大地氏が実機を使ってフォトレタッチのデモンストレーションも行う。

 開催日時は2014年11月2日(日)、13時〜14時と15時30分〜16時30分の2回を予定。無料で参加できる事前予約制のイベントで、定員は各回20名の先着順だ。店頭または電話(06-6344-5410)にて予約を受け付ける。受付時間は11時〜20時。詳しくはソニーストアの告知ページを確認していただきたい。

(2)CREATE NOW “Best of MAX”

 アドビシステムズが東京ミッドタウンホール(東京都港区)で開催する国内のクリエイター向けイベント。Creative Cloudの最新情報や活用事例を紹介し、クリエイターとの交流の場も提供する。このイベントにもVAIO Prototype Tablet PCが展示される。開催日時は2014年11月8日(土)10時〜20時。事前登録制で定員は700名、参加費は無料だ。


 VAIO Prototype Tablet PCは、米Adobe Systemsがロサンゼルスで10月4日(現地時間)に開催したクリエイター向けイベント「Adobe MAX 2014」にて初公開された試作機だ。

 発売時期や販売地域、価格も未定ながら、ノートPC向けCPUで最上級となる4コア/8スレッド対応の第4世代Core Hプロセッサ、CPU内蔵グラフィックスの上位版であるIris Pro Graphics、Adobe RGBカバー率95%の広色域で2560×1704ピクセル(3:2)表示の12.3型液晶ディスプレイ、PCI Express接続の高速SSDなど、タブレットとしては圧倒的な性能で話題を集めた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.