ニュース
» 2015年03月09日 17時00分 UPDATE

2015年PC/タブレット春モデル:東芝ダイレクト、Core M-5Y71など高性能な構成が選べる「dynabook R82」Web限定モデル

東芝ダイレクトで取り扱うWebオリジナルモデルの「dynabook」シリーズに、Core M搭載の12.5型2in1モデル「dynabook R82」が加わった。店頭モデルにはない、より高速なCPUや8Gバイトメモリ、Officeなしの構成が選択できる。

[ITmedia]

ハイスペック志向のユーザーに向けたWebオリジナルモデル

 東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」は3月9日、キーボードが着脱できる12.5型2in1デバイス「dynabook R82」のWebオリジナルモデル(R82/PG)を発表した。同日より受注を開始し、3月13日から順次販売を行う。

tm_1503_r83_web_01.jpg 「dynabook R82」のWebオリジナルモデル

 同日発表された店頭向けモデルをベースに、より高速なCPUのCore M-5Y71(1.2GHz/最大2.9GHz)を採用し、メモリを8Gバイトに倍増することで、ハイスペックを求めるユーザーニーズに応えている。データストレージは128GバイトSSDもしくは256GバイトSSD(いずれもSerial ATA)を搭載でき、Office Home and Business PremiumプラスOffice 365サービスの有無も選べる。

 いずれの構成でも電磁誘導方式のデジタイザを内蔵し、2048レベルの筆圧検知に対応したデジタイザペンとリザーブペンが付属する。

 それ以外のスペックは、店頭向けモデルに準ずる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.