ニュース
» 2015年03月27日 15時07分 UPDATE

IntelとMicron、SSD容量を3倍にする新型の3次元NANDフラッシュメモリを開発

IntelとMicron Technologyは、従来の3倍の容量となる3次元NAND型フラッシュメモリの発表を行った。

[ITmedia]

 IntelとMicron Technologyはこのほど、従来の3倍の容量となる3次元NAND型フラッシュメモリの発表を行った。

 従来の平面構造フラッシュを改良した“フローティング・ゲート・セル”を採用した技術で、フラッシュ・セルを垂直に積層することにより競合製品と比較し3倍の容量を実現可能としたのが特徴。フラッシュ・セルを32層重ねることで、MLCで256Gビット、TLCで384Gビットのダイを実現しており、板ガムサイズのSSDで3.5Tバイト以上、2.5インチSSDで10Tバイト以上のストレージ容量を搭載することが可能となった、としている。

 256GビットMLC 3D NANDについては本日より一部パートナー向けにサンプル出荷を開始。384GビットTLC 3D NANDは今春後半にサンプル出荷される予定だ。

関連キーワード

Intel | フラッシュメモリ | Micron | NAND | ストレージ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.